夏待月

春風亭どれみ

小説

1,136文字

〜襟なしのシャツに11月が来たら、夏は過ぎていた〜

   蝉が鳴いている。ミンミンゼミかは知らない。
 人は今年を「平成最後の夏」なんだと言う。今までと、そして、これからの夏とは何が違うのかは分からないし、知りたくもない。知るのは秘密だけでよかった。机の抽斗から白い布が輪っかを作ってしどけなく垂れている。それに気づいた小麦色の細い指がむりくりに、布をもう一度、抽斗の奥に押し込んでいる。それだけだった。
 
 人が啼いている。呻いているのかもしれない。
 けれども、喉を鳴らした主が知らない、言っていないと認めないなら、それはもう呻きでも喘ぎとも呼べなかった。はじめから無かったものでしかなかった。ささくれを乱暴に毟ったせいで皸にも似た傷を作った無愛想な親指が躊躇を諦めて、隙間の中に潜りこんでいく。脈をうっていた弁は力なく、柔らかく融解していった。あっけなかった。
 
 メガホンが叫んでいる。窓の外の彼はもう選ばれないのかもしれない。
 そして誰かが「χデーは日曜だ」などと、ささめきだつのが聞こえた。がなり声から抽出した言の葉の綾は紐解くと弱弱しくて、消沈していた。湿った細い指が絡まって、薄い肉の板の上に寝転びだす。なんだかくすくすと嘲笑っているようでもあった。大言壮語をいくら繰っても、その若い鼓動には何も述べる権利なんかというのにと言わんばかりだった。
 
 そして液晶が影を象る。よもや感情などいらない。
 長方形の世界は向こう側のかんかん照りと、伝う汗にひりつく頬をまるで無視しているように、可と不可を瑕もなく分けていた。交わってはいけない。視たままを認めて知能は果たしてそう囁けるのだろうか。たとえば無邪気にお菓子のグミを噛みきってしまうことといったい何が違うのかは、誰も教えてはくれないのだろうと、信じ込んだ。そうするしかなかったからだった。

――ねえ、ねえ。

 耳朶の産毛を揺らすように、息漏れて乙なるものがそう囁くと、何かが始まるような気がした。それは気のせいかも、臆病風かも、それとも時期外れの世紀末の残り香がそうさせたのかもしれなかった。けれども、窓からいくら眺めても、夕立はいっこうに降る気配も見せない。空には雲一つない。青白くて骨ばった親指はそれが堪らないといっているみたいに、相棒の人差し指と一緒に絡まりながら、つつりと糸をひいてみせた。本当は、もぞもぞと揺れて、ひたひたと肌の間を潜り抜けたいのに、奥へ奥へと他愛なく進んでいくことを止めなかった。

 まだまだお天道さまは未練がましくて、暮れていこうとしない。滴が垂れている。くぐもった息遣いと気怠そうな含み笑いが零れる。恥じらっているのかもしれない。何ももう考えられないし、感じてはいけなかった。

2018年11月18日公開

© 2018 春風亭どれみ

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

学園モノ 散文

"夏待月"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る