秘密の子犬

二十四のひとり(第4話)

Fujiki

小説

4,033文字

作品集『二十四のひとり』収録作。

六年生の夏休みが間近に迫ったある日、明日香は美紀の家に誘われた。

「うちのミュウミュウが子どもを産んだんだ。すっごくかわいい子犬が六匹。見に来ない?」

「うん、行く!」

大きな段ボール箱にタオルを敷きつめた即席の飼育箱には、まだ目すら開いていない子犬たちが母犬の腹に鼻を押しつけて乳を吸っていた。白っぽい色をした雑種犬のミュウミュウは美紀と明日香の姿を見ると頭を軽くもたげ、けだるく尻尾で何度か床をたたいた。

「この赤ちゃんたち、昨日産まれたばかりなんだよ」

「わあ、すごくちっちゃいんだね」

「よかったら触ってみて」

明日香は箱の前にしゃがみ、母犬よりも白くてなめらかな毛に覆われた背中にそっと指をすべらせた。熱を発する皮膚の下では小さな心臓がものすごい速さで躍動していた。子犬は明日香に構わず一心不乱に乳を吸い続けている。明日香はその様子をたまらなく愛おしく感じた。

「今ね、全部は飼えないからこの子たちをもらってくれる家を探してるところなんだ」と、美紀が背後から話しかけてきた。「明日香の家はマンションじゃないでしょ? 欲しかったら今度一匹あげるよ」

「本当?」

子犬が自分の物になるなんて夢のようだった。子犬は甘えん坊に違いないから、きっと家の中のどこに行ってもついて来るに違いない。冬の夜には一緒に布団にくるまることができるし、もう少し大きくなったら海や公園に連れていって遊ぶことだってできる。ボールを取ってこさせれば、なでてもらおうと人なつっこく小さい頭を差し出すだろう。一人っ子の明日香にとって子犬は愛くるしい年下のきょうだいで、一番の親友になってくれるはずだ。子犬と一緒の毎日を思い描きながら、明日香は軽快な足どりで家に帰った。

ただ、唯一の問題は両親をどう説得するかだった。明日香が子犬の話を持ち出すと、ひよっこスーパーでのパートの仕事から帰ってきたばかりのお母さんはため息をついた。

2019年5月3日公開

作品集『二十四のひとり』第4話 (全24話)

二十四のひとり

二十四のひとりの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 Fujiki

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

学園モノ

"秘密の子犬"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る