感謝祭のごちそう

二十四のひとり(第5話)

応募作品

Fujiki

小説

4,138文字

作品集『二十四のひとり』収録作。第25回文学フリマ向け原稿募集応募作。

感謝祭が近づくと大半の入院患者は親が迎えに来て一時帰宅する。閉鎖病棟に残るのは問題を起こしたばかりの子どもか、たとえば宗教上の理由などの事情があって感謝祭を祝わない家庭の子どもくらいのものである。僕のベッドは男子の四人部屋にあったが、同室の三人はみんな一時帰宅していった。病棟で過ごす最後の夜には、部屋にいるのは僕一人だけになった。

病棟で感謝祭を迎える子どもたちにも祝祭的な気分を味わってもらうためなのか、その日の夕食はいつもより華やいだ雰囲気だった。テーブルには糊のきいたクロスがかかり、色紙のテッシュやひざに載せる布のナプキンが置いてある。ジュースを飲むグラスもふだんのコップとは違う脚つきのものだ。食堂に入った僕たちはいつものようにトレイを取って列を作るのではなく、すぐさまテーブルに通された。七面鳥のローストを切り分けた皿を大柄な黒人コックがうやうやしく一人一人の席に運んできた。

しげしげと目の前の料理を眺めていたら、向かいあわせに座るニッキが僕に話しかけてきた。

「出発が明日でよかったね。すてきな最後の晩餐を食べそこねずにすんだ」

「うん、他の子たちにお別れを言えないのは残念だけど」

「クレイジーな連中のことは気にしないでいいの。帰国したらきれいに忘れちゃいなさい」

「君のことも忘れたほうがいい?」

「当然よ。こんなところで思い出作りなんて冗談もいいとこ」

ニッキとはここで初めて出会ったわけではない。八月から約三か月間アイダホ州ボイシーにある同じ高校に通い、文学と美術のクラスで一緒だった。彼女が閉鎖病棟に来たのは三日前、僕が入院してから十日目である。髪をブルーとピンクに染めて高校でも不思議な雰囲気のある子だったけれど、まさかここで再会するとは思わなかった。最初に顔を合わせたとき、二人ともお互いを指さして理由もわからないまま発作的に大爆笑した。彼女の左手首には包帯がぐるぐると巻かれていた。

「いきなり学校に来なくなったからどうしたんだろうって、学校でみんなと話してたんだよ」と、ニッキは言った。

2017年9月30日公開

作品集『二十四のひとり』第5話 (全24話)

二十四のひとり

二十四のひとりの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2017 Fujiki

これはの応募作品です。
他の作品ともどもレビューお願いします。

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

私小説

"感謝祭のごちそう"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る