パリの蠅たち

応募作品

藤城孝輔

小説

6,066文字

合評会2017年08月(テーマ「パリでテロがあった」)への応募作です。合評会で不評だったエンディングを大幅に書き直しました。

イマとのディープキスはさっきキムチと一緒に喉の奥に流し込んだクスクスの味がした。ボタンを外してシャツを脱がし、彼の体を両腕で抱き寄せる。細身だがよく日に焼けていて、触ると筋肉が硬い。首筋の左側には皮膚が裂けたような大きな赤黒い古傷がある。僕が十九番と呼んでいる傷跡だ。

「ボディビル大会に出場するわけでもないのに、どうしていつも鍛えてるの?」と僕が彼の肩をさすりながら訊くと、イマは「昔、兵役に行ってた頃からの習慣だから」とだけ答えた。軍隊では筋肉を見せあう機会も多いから兵士のあいだで競争意識のようなものが芽生えるのだろうかと僕は思った。じっさい、イマは暇な時間を見つけてはせっせと懸垂や腕立て伏せをしている。僕はただそれを遠巻きに見るだけで、一緒にやったことはない。

イマの本名はパク・ヒマン。しかし、勤め先のインチキ日本料理店でも行きつけのタバコ屋でも彼は「イマ」としか呼ばれない。フランス語ではHアーシュを発音しないからだ。つい「肥満」を連想してしまうから僕も彼をイマと呼ぶ。引き締まった体を持つ彼を「肥満」呼ばわりするのはなんだか申し訳ない気がした。フランス語っぽく彼の名前からHを落として発音はするものの、二人で話すときの言葉はフランス語ではなく最初からずっと英語である。イマは日本語を話せないし、僕は韓国語を話せない。彼に言わせると、僕のフランス語は瀕死のバッグズ・バニーが喚いているようにしか聞こえないらしい。曲がりなりにも仏文学専攻の院生に対してよくもそんなことが言えたものだ。

金のない僕たちは予定のない日には部屋にこもって昼過ぎまで裸で睦みあった。イマの浅黒い肌に舌を這わせ、体のあちこちに刻まれた傷跡を一つずつ愛撫する。全部で二十ある古傷の点検が終わった後は、イマに下半身を弄ばれながら大学院の課題であるルイ・アラゴンやベンヤミンの都市論に目を通した。入り組んだセンテンスを頭の中で解きほぐしながら、彼が受け止めてくれると信じて白い欲望を放つ。イマは顔じゅうを汚しても、アナルへの挿入だけはするのもされるのも嫌がった。

互いの体に飽いたら街の中をどこまでも一緒に歩いた。歩くのはメトロに乗る金を節約するためでもあったが、浮浪者の小便の臭いが充満する駅の構内が我慢ならなかったからだ。僕たちは路地や公園に建つ銅像の写真を撮り、人名のついた通りのプレートを確かめ、セーヌ河にかかる三十七本の橋を一本一本歩いて渡った。人混みの中に溶け込んだ僕たちに目を留める人間はほとんどいない。それぞれの地区の土地柄と歩く時間帯に気をつけていれば、いたずらな暴力に出くわす心配もなかった。

右岸とシテ島を結ぶサン=ミシェル橋の上から川面を眺めていたら、バトー・ムーシュと呼ばれる遊覧船に乗ったアジア人観光客の一団が僕たちに向かって無邪気に手を振った。

「韓国語では蠅のことをパリっていうんだ」と不意にイマが言った。彼の視線はバトー・ムーシュの展望席を埋め尽くす黒い頭の群れに注がれている。船はゆっくりと僕たちの足下を通り過ぎていった。

脈絡のない発言にどう返事すればいいか分からずにいた僕に構わず、彼はうわごとを言うように言葉を続けた。

「ここは蠅の街だ。世界各地から蠅が飛んできて金を吐き出していく。経済を回しているのも蠅だし、出生率を維持しているのも蠅、古ぼけた都に活気を与えているのも蠅だ。なのに昔からここに住んでる白い連中は感謝するどころか、隙あらば蠅を駆除しようと機会を窺っていやがる」

橋の周りを飛び回る無数の蠅たちが殺虫剤の白い煙に巻かれてパラパラと川面に落ちていく幻が目の前に立ち上がった。そうだ、この橋だ。あいつらがアルジェリア人を溺れさせたのはこの橋だ。一九六一年のあの夜、植民地の独立を訴えて武器を持たずにデモ行進をしていた群衆に警官隊は銃弾を浴びせかけ、倒れた者を生きたまま河に放り込んだ。翌朝には引き上げられた黒い屍が累々と岸に並び、泣き叫ぶ遺族の声がノートルダム大聖堂の鐘の音をかき消した。

僕は学部時代に現代史の講義で見たアルジェリア人虐殺の写真を思い出した。石造りの欄干にあいつらがペンキで大書した「ここで我々はアルジェリア人を溺死さす!」の文字は罪の告白ではなく、誇らしき勝利の宣言だった。あいつらは自分たちがテロリストだとは夢にも思っていない。多数派の正義を粛々と遂行したのだと言い張るばかりだ。テロは常に外から飛来する蠅どもの所業であり、国家の後ろ盾がついた暴力は秩序を維持する正当な手段だ。良心の呵責が入り込む余地はない。

「――それを言うなら、僕や君だって蠅じゃないか」何か気の利いた言葉を返したくて、僕は軽口でまぜっかえすことにした。「二人ともパリにたかって生活しているパリだろ? 吐き出すほどの金はないからまだ蛆虫かな?」

「ああ、そうだ。ここでは俺もお前もただの蛆虫だ。忌み嫌われて、靴底で踏みつぶされる」とイマは言い、小さく笑った。背後から射す夕陽が彼の顔に影を作っていた。

「国に帰ればもっとまともな暮らしができるんじゃないか? 家族や友だちだっているだろ? こんな所でスモークサーモンの握りやらペパーミント味の海苔巻きやらを作って一生を終えるつもりはないよね?」

「帰国は考えていない」

早口でそれだけ言うなり、彼はくるりと僕に背を向けて歩き始めた。話したくない話題に触れたときのお得意のだんまりだ。いったんイマが口をつぐむと僕はただ後について歩き、彼の中にいる不機嫌の虫がおさまるのを待つことしかできない。

僕たちは北駅の近くにある古びたステュディオをシェアしている。プライヴァシーを確保できる空間はほとんどない。ルームシェア希望者向けの掲示板でイマとやり取りを始めたときには家賃のことしか念頭になく、ルームメイトと肉体関係を持つようになるとは想定していなかった。狭い部屋で顔を突きあわせた状態で互いに口を利かないのは精神的にきついと分かっていたから、僕たちは散歩から戻るやいなや何も言わずに体を求めあった。過ぎたことに対する弁明や謝罪の言葉はなく、二人の将来について話しあうこともない。相手の体温を肌を通して感じていられるこの瞬間だけは過去も未来も霧の向こう側に遠のいていた。僕はベッドに押し倒したイマの十九番からへその脇にある四番の傷まで指を滑らせた後、怯えた子どもが母親のエプロンの裾にすがるみたいに彼のしっとりと汗ばんだ陰毛に顔を埋めた。

二十の傷跡がどこでついたのか、という問いはイマを再び沈黙させてしまうだろう。これまでに傷の話を持ち出したときの彼の反応を見る限り、おそらく気まずく長い沈黙になるはずだ。イマが母国の学校や軍隊でどんな仕打ちを受けてきたのか僕は何度も想像した。嘲笑と共に彼を慰みものにする多数派の男根。剥き出しになった痣だらけの肌。血染めの下着――僕にはそれらを口に出す勇気がなかった。イマ自身も過去については決して口に出さないが、だからといって彼の傷が癒えたわけではない。あらゆる土地に歴史があるのと同じように体は過去の苦痛を記憶している。体を鍛え、筋肉増強に没頭することで多数派の暴力に静かに耐えてきた彼の血肉には、今でも迫害の記憶が深く染みついている。僕にできるのは何も知らない観光客の顔を装いつつ、イマの体に刻まれた古傷を一つ一つ祈りを込めて唇で巡礼することだけだった。

イマとの同居は一年半続いた。修士論文が受理されて無事に大学院を修了することが決まったとき彼はシャンパンで祝福してくれたが、そのときも交わした言葉は少なかった。僕が部屋を引き払った日にも見送りはなく、彼はただ部屋の出窓に顔を向けて黙々と懸垂を続けていただけだった。帰国後、僕は彼と連絡を取らなかった。何かに追い立てられるように始めた就職活動や荷物の整理に追われ、留学生活を振り返る暇がなかったのだ。彼からもメールは一通も来なかった。事前にはっきり決めておいたわけではないものの、同居しているあいだだけの関係であることは僕もイマも了解していた。翌春には地元にある大手保険会社の支店に入社し、上司の紹介により内地出身の沙紀と交際を始めた。

再びパリを訪れたのは就職四年目の春だった。今回は沙紀を連れての新婚旅行である。ここ数年のあいだにイスラム教過激派によるテロ事件が何度も起きていたが、沙紀は子どもの頃からハネムーンにはパリと決めていたらしい。昼間はガイドブックに載っている美術館めぐりと買い物に費やし、夜はワインを気つけ薬にして発情期のウサギのように何度も交わった。子どもは少なくとも三人欲しいからすぐにでも作り始めなきゃと言う沙紀の計画に従ったのだ。旅程は彼女が分刻みで綿密に立てていたから昔イマと住んだ部屋や彼が働いていた店をこっそり訪ねる機会は作れそうになかった。

「それにしてもパリって思ってたより小汚い街ね」と、エッフェル塔近くの通りに面したカフェで苺のアイスクリームを食べながら沙紀が言った。「路上にごみとか普通に落ちてるし、ホームレスもうじゃうじゃいる」

「こんなもんじゃないかな、どこに行っても」

「やっぱり日本が一番だわ。ほら見て、今犬を散歩させてたおばさん、犬が植え込みにウンコしたのにそのまま歩いて行っちゃった!」

「そんなことはいいから、気をつけて。アイス溶けてるよ」

アイスクリームは本当に彼女の指に向かって垂れ始めていた。僕が紙ナプキンを差し出そうとすると、彼女は大きな口を開けて残ったアイスを一気に頬張った。照れ笑いする彼女の前歯はアイスクリームと口紅が混ざって毒々しいピンク色に染まっていた。

アイスクリームの後はコーヒーを軽く飲んで店を出た。沙紀はガイドブックを、僕は彼女が買った靴の入っている白い紙袋二つを手にしている。店先の植え込みの根元には彼女が言ったとおり新しい犬の糞があった。さっき落とされたばかりなのに、早くも蠅が寄ってきていた。黒い蠅が二匹、糞の上を忙しく這い回っている。胃から消化液を吐き出して、糞の表面を溶かして舐め取っているのだ。

「ねえ、見てよこれ。外人って公共心とかないのかしら?」と、沙紀が犬の糞をわざわざ指さして言った。「蠅なんかたかっちゃって、すごく不潔」

僕や君も同じじゃないか、パリに群がる汚いパリだ――そんな台詞が頭をよぎった瞬間、ひやりとした感触が僕を襲った。真昼の太陽が頭上にあるのに冷気が全身を包み、濃霧のように凝結して皮膚に貼りついた。体が震え出し、紙袋を提げた手で二の腕をさすっても止まらない。視界はみるみる白く曇っていった。

霧だ! 白い霧が僕を呑み込もうとしている!

霧にはピリピリと突き刺すような刺激があった。目から勝手に涙が溢れ、喉が焼けついた。シャツの袖で顔を抑えながら前方を見ると、僕の数歩先で沙紀が顔を抑えてうずくまっていた。カフェの周囲を歩いていた人たちは皆同じように姿勢を低くして霧から身を守っており、僕も真似して身を伏せた。

そのとき、パパパンッ、パパパンッという軽快な音がしてブルドネ通りの方向から人が何人も走り出てきた。以前利用していた英語の本専門の図書館に向かうときによく歩いた通りだ。普段は静かな界隈だから余計に不思議な感じがした。煙に巻かれた人間の中にはパパパンッの音と同時にブルブルッと痙攣して舗道に全身を叩きつける者もいた。頭部を守ろうとする素振りさえ見せず、マリオネットの見えない糸が突然切られたみたいに動かなくなる。倒れた体に後ろを走っていた人がつまずいて転び、さらに後ろの人がその上を踏みつけていく。僕は買い物袋を持った手を沙紀のほうへ伸ばしたが、彼女は誰かの膝が顔面に直撃して人波の中へ吹っ飛んでいった。

耳障りなパトカーのサイレンが周囲から響いてきてようやく状況が分かり始めた。銃を持った何者かが端から通行人に弾を撃ち込んでいるのだ。催涙ガスを撒いたのも同じ人物であろう。犯人の姿はガスに隠れて見えず、人数すらはっきりしない。パパパンッ、パパパンッ、と銃声が霧の向こう側から聞こえ、逃げまどう人々が倒れるばかりだ。警官隊も発砲を始めたのか違う種類の銃声が反対側の方向から聞こえてきた。ダダダダダダッ、と銃弾を連射する鋭い音だった。沙紀の行方を目で追いながら道を這っていたら、ズボンを平手打ちされたような感触があって急に左足が動かなくなった。振り返るとクリーム色のチノパンに血がにじみ、グロテスクな安物の口紅のようにギラギラした赤色の染みとなってみるみる広がっていた。

身動きできなくなった僕の前に、黒ずくめの男が霧の中からゆっくり現れた。背が高く細身で、髪は黒い。服や髪と同じ漆黒のガスマスクで顔を覆い、自動小銃を抱えている。マスクの隙間から見える肌は浅黒く日焼けしていたが間違いなく東洋人のものだった。舗道に横たわる僕の目の前で男は足を止めた。ガスマスクの大きな目が魂の奥まで覗き込もうとするかのように僕の顔をじっと見つめている。男の首筋には火傷のような赤黒い傷跡があった。見覚えがある。懐かしささえ感じる。十九番の古傷だ、と僕は気づいた。

ここ五年近くのあいだ彼がどう生きてきたのか僕には答えられない。彼が自分の思想やイデオロギーについて語ったことは一度もなかったし、僕自身興味を持ったこともない。考えてみれば、一緒に暮らしていたのに知らないことだらけだ。でも宗教や政治といった大義のために戦うのはイマらしくないと僕は思う。いつも一人だった彼は、寄りかかることのできる大義を何一つ持っていなかった。彼の戦いはもっと個人的な怒りからくるものだ。サン=ミシェル橋の上でイマが僕に背を向けたあの日、僕はその怒りの片鱗を目にしていた。あの日だけじゃない。怒りは体に刻みつけられた傷跡と同じく常に彼と共にあった。それがちゃんと見えていたのに、僕は何もしなかった。そして今も――。

ダダダダダダッ、という音がして、直立不動だった男の胸板にいくつも穴が開いた。噴き出した血液の飛沫が僕の体にも降りかかった。マスクの目が僕を見つめたまま、彼は手から銃を落として僕の体の上に力なく崩れ落ちた。蠅の口のように突き出たノズルが僕の唇に当たった。命が消える瞬間、男のペニスがこれまでにないくらい硬く勃起していることがズボンの上からでも感じ取れた。僕は両腕で男の体を抱き寄せ、彼の頬に自分の頬を押し当てた。ガスマスクの下からくぐもった荒い呼吸音が二、三度聞こえ、静かになった。

警官隊が足並みを揃えて近づいてきたとき、僕は男の死体の下で叫び声をあげていた。催涙ガスで目がとっくにおかしくなっていたから、こぼれ落ちる涙の理由なんて分からなかった。声を限りに絞り出した絶叫は、僕ら二人に銃口を向けて見下ろす警官たちの頭上を通り越してかすんだ空の向こうに消えていった。

2017年8月1日公開

© 2017 藤城孝輔

これはの応募作品です。
他の作品ともどもレビューお願いします。

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


3.5 (11件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

BL

"パリの蠅たち"へのコメント 12

  • 投稿者 | 2017-08-08 07:56

    ディープキスがキムチとクスクスの味というのは、個人的に最悪の風味だなと思った。印象的だった。
    最後まで読めて、不快感もなかったので、この作品は面白かったのだろう。

  • 投稿者 | 2017-08-08 22:25

    同じく合評会に応募した者です。
    蠅のメタファを、私は印象的だと思っています。
    自分とは全然違う雰囲気の作品を拝読出来て、勉強になりました。

    • 投稿者 | 2017-08-20 10:27

      (追記をすみません)
      私も白い霧、が何なのかが上手く分かりませんでした。
      合評会でこの事について伺えたら、幸いに思います。

  • 投稿者 | 2017-08-14 22:06

    メタファーがうまいですね。ただ最後はよくわかりませんでした

  • 投稿者 | 2017-08-16 21:01

    抱き合った男たちを夢に見そうです。
    よくまとまってる感じはするんですけど、“パリ”と“テロ”のキーワードを考えながら読むと、ちょっと違う気がしました。
    今回のテーマが“蠅”だったらよかったのかもしれませんね。

  • 投稿者 | 2017-08-19 17:47

    主人公は同性愛者なのかと思って読み進めていたらバイセクシャルらしいということがわかりました。パリを蠅の街だと言ってしまう攻撃的な文章が魅力的でした。パリの街の情景が描かれていて美しくて素晴らしいです。
    ただ最後の白い霧がよくわからなく、もう少し前に話を終わらせていた方が良かったのではないかと思いました。話の最後は印象に残りやすいので、そこだけ残念でした。

  • 投稿者 | 2017-08-19 22:43

    主人公とイマの関係は、アルジェに関する出来事やパリへの思い入れに大きな差はあるが、最後まで破綻なく自然に関係が終わる。ルームシェアの雰囲気って案外こんなものなんだろうか。
    この作品では前半で反植民地運動に対する白色テロ、後半で少しだけイスラム過激主義のテロと言う二つのテロが出てくる。後者はちょっと触れられるだけだが、前者にはイマの思い入れあるセリフが語られる。テロは一つだけではないし、蠅は一匹だけでもないのがしっかり分かる。

    これは勝手な想像だが、イマはもう死んでいて、霧はお迎えなのかもしれない。

  • 投稿者 | 2017-08-20 14:25

    韓国語で「パリ=蠅」という言葉遊びから、パリとそこに群がる人々を蠅に喩えた描写は巧みで、そこから敷衍して、卑劣なテロリスト、さらには大衆と一般の己らを卑しめるメタファーとして用いられており、果てはそれが、犬の糞にたかる実物として現れるという帰結もこのもしく感じられた。

    それから、イマの連想(パリ=蠅=民衆)にしても、「僕」が正義を盾にとった鎮圧をテロと断罪する件にしても、いわば特殊な視点が前面に立っており、それに呼応するように沙紀という一般の視点がある。かかる視点の対比が物語に深みをもたらしているのであろう。

    筋も道具立ても面白く、テーマにも副った完成度の高い秀作であると思うが、あえて欠点(疑問)を挙げるとすると以下の二点。

    一.
    帰国してすぐに異性と交際できるような、本来ストレートであろうはずの「僕」が
    男色をゆるした理由(たとえ一時のなぐさみであったにせよ)と、その件の必然性。

    二.
    先にご指摘のある通り、最後のシーンの不明瞭さ。霧は先行きの見通せない恐怖のメタファーででもあろうか。私ははじめ、新たなるテロを予覚したものと解したが……。いま少し具体性があってもよかったかもしれない。

  • 投稿者 | 2017-08-23 01:41

    マイノリティの大変さや冷めという逞しさ、複雑さを感じました。

    最後、考え深い主人公がなぜ「沙紀」と付き合って結婚したのかは腑に落ちなかった。それまでが緻密で繊細だっただけに、ギャップでした。

  • 編集者 | 2017-08-24 14:12

    ワンワードを切り口に話を広げていくアプローチは、このサイズの作品としてはクリティカルでよい。マイノリティを扱うという題材も作者らしさを感じられる(と同時に「またか」と思う面もなくはない)。文章の丁寧さ、巧みさについては今さら言わずもがな。いつもにくらべるとあまり着想に閃きを感じられなかったが、これもこちらが慣れてしまっただけかもしれない。

  • 編集長 | 2017-08-24 18:39

    パリが蝿だというフックは物語の冒頭としてはなかなかいけている。アーバンBLとして楽しめた。てっきりイマがテロリストになる過程をスリリングに描いていくのかと思ったが、象徴的なラストでややがっかり。毒ガスをばらまいたのかな?

  • 投稿者 | 2017-08-24 21:04

    草間弥生が書いた題名は違うけれど「男娼」を扱った作品を思い出しました。
    パリが華やかではなくイスラム系の人々や複雑な問題を抱えている町であると思い出しました。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る