優男のこと

フィフティ・イージー・ピーセス(第41話)

藤城孝輔

小説

2,028文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。

はじめに断っておくが、優男の正しい読みかたは「やさおとこ」ではなく「まさお」である。でも僕らは彼を「やさお」と呼んでいた。

やさおという呼称のきっかけは、ポテトヘッドというあだ名を持つ文学教授が担当した大学三年次のゼミだった。最初の授業でポテトヘッドは登録簿の氏名と教室にいる学生の顔を交互に見ながら丁寧に出席を取った。

仲宗根なかそねリカルドくん……西野松子くん……西銘にしめやさおとこくん? ほう、君はあの草食系男子というやつの一人かね?」

この日から、鼻の下のひげを引っ張りながら考え込むポテトヘッドの仕草は僕らのあいだでモノマネの定番ネタになり、優男はやさおになった(「西銘やさおとこ」はさすがに長すぎるので少しアレンジを加えたのだ)。

名前に似合わず、優男は我が強くて負けず嫌いだった。もともと酒が強いわけでもないのに、夏休みの直前に行ったビーチパーティーでは酒豪のリカルドに島酒の飲み比べを挑んだ。既にビールで赤ら顔になっていた優男は、小橋川聡美からの頬へのキスを賭けたいと申し出た。聡美は僕らの仲間うちでは一番の美女だ。大学祭でミスコンのファイナリストに選ばれたこともあった。

「なんでウチが? ほっぺにチューなんてバカみたい」と、聡美が呆れ顔で言った。

「口にならいいば?」と、すぐさまリカルドが茶々を入れた。

二人の顔を見据える優男の表情は真剣だった。

2018年5月1日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第41話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 藤城孝輔

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

青春

"優男のこと"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る