ラヴェンダーの香り

フィフティ・イージー・ピーセス(第40話)

Fujiki

小説

2,049文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。

四月に引っ越してきて以来、海岸の散歩が文子あやこの習慣になった。土曜日の朝、音楽を聴きながら二時間ほど砂浜を歩く。白い砂の模様や海の表情、常に形を変えていく雲にはいつも新鮮な発見があった。海辺の町にあるマンションを買って本当によかったと実感できるひとときだった。

散歩から帰る途中、本を載せたワゴンを表に出している古めかしい二階建ての家の前をいつも通る。学術書や小説が並べられ、本の合間には豚の貯金箱が鎮座している。添えられたメモには「一冊百円。小銭のない方は呼び鈴を鳴らしてください」とある。この日、文子は小銭を持ちあわせていないわけではなかったが、どんな人が本の無人販売をしているのか知りたくなって門柱についたブザーを押した。

玄関に出てきたのは七十代くらいの女性だった。猫背ではあるものの、しっかりとした足取りだ。頭の白髪を一房だけ紫色に染めている。

「ねえさん、よかったら上がって。庭でスイカ採れたから今から切るところさ」人懐っこい笑みを浮かべて、おばあさんは言った。

家に入って最初に文子が目にしたのは、壁一面を埋め尽くす本棚だった。どの棚にも本がぎっちり詰まっている。淀んだ空気はドライフラワーの香りがした。

「ラヴェンダーですか?」

「そう、古い本って独特の匂いがするからね。ラヴェンダーは虫除けにもいいらしいし」

2018年5月1日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第40話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 Fujiki

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ホラー

"ラヴェンダーの香り"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る