復縁活動

フィフティ・イージー・ピーセス(第44話)

Fujiki

小説

2,011文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。

やれ「婚活」だの「恋活」だのと巷の男女は浮足立っているけれど、あたしには新しい出会いなんて必要ない。運命の男性とは既に出会っている。だから、あとはからまった赤い糸をほぐして彼を取り戻せばいいだけだ。

「君と一生を共にすることは考えられない。十年付き合ってみて、お互いの価値観の違いは手の施しようがないってことがはっきりしたよ。今さら君を変えることはできないし、俺を変えようとしても無駄だ。来月から俺は九州の支社に転勤になることだし、いい潮時じゃないかな?」と、もっともらしい決まり文句で彼は別れを切り出した。でも、高校二年のとき以来の付き合いなのだから価値観の違いなんてあるわけがない。他に女ができたに決まっていた。

十年ものあいだ、デートのときには自慢のスポーツカーのようにあたしを周囲に見せびらかし、夜にはさんざんあたしの体を貪った。お互いの家族とも親しくなった。それなのに生活の保障さえ一切しないであたしを放り出し、別の女に乗り換えるなんて自分勝手すぎる。あたしにとって彼が運命の男性であるように、彼にとって運命の女性はあたし以外であってはならないのだ。

復縁活動の第一歩は、女の素性を突き止めることだった。今年に入って彼のSNS上でコメントのやり取りが増えた相手に見当をつけて、興信所に調査を依頼したらすぐに分かった。高橋里美という平凡な名前の女で、彼とは本社の営業部で二年前から同僚だった。家系や学歴に際立つ点はなく、服装のセンスもそこそこ。強いて美点を挙げるなら、整った顔立ちくらいのものである。あたしに対しては転勤を別れの言い訳に使っておきながら、高橋里美とは九州に行ったあとも連絡を取りあい続けているところが癪に障った。

高橋里美は仕事が終わったあと、毎晩九時から十時にかけて自宅の近所をウォーキングする。途中で横切る小さな公園で待ち伏せて顔に酸をかけることなどたやすいことだった。ただれた顔面を両手で押さえながらのたうちまわる姿を見ていると、胸がすうっとした。後日のニュースによれば、手術をしても高橋里美の顔がもとに戻ることはないという。他人の男に手を出した女には当然の報いである。

2018年5月1日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第44話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 Fujiki

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ホラー

"復縁活動"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る