笑い金魚

フィフティ・イージー・ピーセス(第4話)

藤城孝輔

小説

2,007文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。第120回時空モノガタリ文学賞入賞。

夏の昼下がり、ガラスの水槽の中を金魚がふわふわと泳いでいる。南に面した窓から射し込む光が水槽の中を明るく照らし、たえず口をカプカプと動かして笑い続ける金魚は揺らめくローソクの炎のように輝いて見える。開け放たれた窓から入ってくる心地よい風はかすかに潮の香りをはらんでいるものの、部屋から海は見えない。外に広がる景色は、住宅街に茫漠と連なるコンクリートの屋根と青空だけである。ひきこもり男はガラスを指先でコツリと叩いて金魚に言った。

「かわいそうなやつだな。だってそうだろ、こんな小さな水槽に死ぬまで閉じ込められて、与えられた餌を食べて糞を出すだけの生活なんて。大きな湖の存在すら知らず、体力の続く限り遠くまで泳ぐこともできず、水藻の林の中で子どもを育てることもなく。なあ、お前も自分の不幸な身の上を嘆いて暮らしているのかい?」

ガラスに近づいたひきこもり男の顔を見て、金魚は尾びれを揺すって笑った。数年前、気晴らしになるからと家族が買ってきたときにはありがた迷惑だと彼は思ったが、部屋で同居を続けるうちに自然と愛着が湧いてきたようである。今ではひきこもり男の大事な話し相手になっていた。といっても話すのはひきこもり男のほうで、金魚はいつも聞き役である。

「バカだなあ、あんた」と、不意に猫の声がした。いつの間にか窓のへりの上に寝そべっている。ひきこもり男が気づくと、猫は気取った足取りで入ってきて部屋の中にあるソファに陣取った。肉づきのいい白と茶色のぶち猫で、動くたびに首輪についた小さな陶器の鈴が音を立てる。隣にあるやちむん工房で飼われている猫だろう。

「そいつが不幸なわけないよ。何てったってこのおサカナちゃんは自分の意志でその中にいるんだから」

2018年5月1日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第4話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 藤城孝輔

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

哲学

"笑い金魚"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る