優しいサンタさん

フィフティ・イージー・ピーセス(第47話)

Fujiki

小説

2,013文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。

人形の子どもに延々とプレゼントを手渡し続ける電気じかけのサンタクロース。その隣は、雪の降らない島に青白い照明と人工雪で作り上げた銀世界の庭。そのまた隣は、屋上から色とりどりの電球を垂らした光の洪水……。リョウの運転する車に乗った益美の前を趣向を凝らしたイルミネーションが次々と流れていく。丘の裾野に並ぶ外人住宅はクリスマスの時期になると地元の若者の人気ドライヴコースになる。軍属が多く住むこの地域では毎年競いあうように豪華な電飾が施されるためだ。

他人ひとさまの庭を勝手に覗いて言うのもなんだけど電気代とか大変じゃないかな。クリスマスまで毎晩つけっぱなしでしょ?」と、益美が助手席の窓ガラスに鼻をつけたまま言った。

「大丈夫。このあたりの家は米軍から住宅手当をもらってるし、光熱費も支給されてる。以前は政府の思いやり予算から出してた時期もあったそうだよ」

「なら、気兼ねなく好きなだけ見物できるね」

「安あがりなデート……」

そうつぶやくとリョウは前を向いたまま小さく鼻で笑った。

2018年5月1日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第47話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 Fujiki

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

恋愛

"優しいサンタさん"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る