三線を弾く部屋

フィフティ・イージー・ピーセス(第49話)

藤城孝輔

小説

2,239文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。第126回時空モノガタリ文学賞入賞。

出版社を辞めて県庁で働きはじめてから和馬はモノレール通勤になった。電車も地下鉄もないこの島では一路線しかないモノレールが唯一の鉄道である。ワイルドに時刻表を無視するバスよりも正確に運行し、渋滞に巻き込まれる心配もない。家がある丘の上からは二十分で職場に着く。

モノレールの中で和馬は毎朝車両の右側を向いて立つ。帰りは左側に体を向ける。自宅の最寄り駅が終点なので朝は席が空いているが、あえて座らない。車窓から朝夕同じアパートの部屋を見るのが彼の習慣だった。

その部屋の住人を最初に目にしたのは、和馬が夢うつつで景色を眺めていた朝だった。まだ眠りから覚めやらぬ頭で柔らかいベッドと羽根布団の余韻に浸っていると、線路沿いに建つアパートのベランダで男が三線さんしんを爪弾いているのが目に入った。男は三十代くらいで和馬とそう変わらない。着古したTシャツに短パン姿で口にはタバコ。毛深い脚を組んで屋外用のプラスチックの椅子に座っていた。三線のさおを右手で支えているので和馬と同じ左利きだ。ロングステイの観光客というよりは地元の人間に見えた。

次に男を見たのは同じ日の夕暮れだった。三線は外の椅子の上に出しっぱなしにされていた。レースカーテンこそ引かれてはいたものの、蛍光灯のついた部屋の中は丸見えだった。男は窓に面した机に向かい、ノートパソコンの画面をにらんでいた。背後には合板の本棚に収まりきらない本が床に幾山も積み上げられていた。つり革にぶら下がっていた和馬の目には部屋から漏れる青白い光がまぶしく映った。

モノレールが通り過ぎる瞬間、ちらっと顔を上げた男と目が合った気がした。乗客の顔が見えるはずがないのは分かっていたが、和馬は反射的に目をそらした。

2018年5月1日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第49話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 藤城孝輔

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ファンタジー

"三線を弾く部屋"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る