夢に遊ぶ時間

フィフティ・イージー・ピーセス(第48話)

Fujiki

小説

2,074文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。

「夢の中では意識がすばやく機能しているから時間が遅く感じられる。現実の五分間は夢では一時間くらいになるんだ」

またか、映画の受け売り。大きな瞳をキラキラ輝かせながら語る慶斗は、現実とフィクションを完全に混同してしまっている。しかも映画から仕入れた知識であることをすっかり忘れて自分のものとして語ってしまうからよけいに始末が悪い。夢の時間の話が出てくるディカプリオの映画は一緒に観に行ったじゃない、と冷徹なツッコミを入れたくなるのをグッとこらえてあたしは慶斗の話を聞き流す。水を差すようなことを言うとすぐ不機嫌になるのは分かっているから。

大学では映画研究会での自主制作に没頭しすぎたせいで一年留年、現在は短期のアルバイトを渡り歩きながら無報酬のエキストラとして映画やドラマに出演する日々。たまに端役で舞台に出るときには、あたしもチケットを売りつけられる。若いうちならそういう暮らしも悪くないだろうけど、慶斗はもう三十代後半だった。大学卒業後、映研時代の仲間に激励されて故郷である南の島から出てきたばかりのころとは、わけが違う。今の年齢でイケメン特撮ヒーローの主役や朝ドラヒロインの相手役に抜擢されるはずもない。世間に注目される仕事は、もっと若くてすべすべした肌をした競争相手たちが全部持っていってしまうのだ。成熟した大人の魅力に価値を置くハリウッドと違って日本の芸能界では若いやつばかりがちやほやされる、と慶斗はよく愚痴を言った。

「顔や外見じゃなくて、役者としての俺を見てもらいたいんだ。生きてきた経験や味わった苦労がにじみ出るような芝居は若さだけが売りの連中には無理だ。だから今やってる人間観察の仕事も芸の肥やしだと思ってる」

2018年5月1日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第48話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 Fujiki

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

恋愛

"夢に遊ぶ時間"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る