星砂の浜辺

フィフティ・イージー・ピーセス(第3話)

Fujiki

小説

2,064文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。

彼が愛した星砂の浜辺に落とし穴を仕掛けておいた。いつも寝転がるお気に入りのスポットと言っていた地点に直径一・五メートル、深さ二メートルの巨大な穴を掘り、ソテツの葉を編んで作った薄い覆いをかぶせて砂で隠した。彼が新しい女を連れてこの浜辺に戻ってくれば、二人ともアリジゴクの罠にかかった昆虫のようにひとたまりもないだろう。

「ここは子どものころから知っている俺だけの秘密の場所なんだ。今でも仕事で疲れたときや、つらいことがあったときにはここに来て夜空を眺めることにしている。それだけで元気を取り戻せるからね」

2018年4月28日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第3話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 Fujiki

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ホラー

"星砂の浜辺"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る