手の中の蝶

フィフティ・イージー・ピーセス(第2話)

藤城孝輔

小説

2,153文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。

ランの花は脚を広げた蜘蛛を思わせた。白い花びらの下地に赤紫色の繊細な線が何本も放射状に広がっている。花の上にアゲハ蝶が静かに止まり、翅を閉じたり開いたりしていた。洋平は影を落とさないようにそっと近づいて花に両手をかぶせた。大きな手の中で蝶は激しく翅をばたつかせる。洋平は迷った。そのままにしておいて蝶が疲れておとなしくなるのを待とうか、それとも手の中に包んだ花もろともつかみ取ってしまおうか? 落ち着くのを待っていたらそのあいだに蝶はぼろぼろになって死んでしまうかもしれない。かといって、花を摘んでしまうのは惜しい気がした。一度摘み取ると次の花がなかなか生えてこない品種なのだと絲子いとこが以前言っていた。

結局どうにかして手の中からランの花だけを出すことに決めた。うっかりすると広げた手のすきまから蝶が飛んでいってしまうだろう。蝶は相変わらず洋平の手の中で暴れていた。

まず洋平はそっと手のひらをすぼめて蝶の動きを封じた。そうしておいて手首のほうから柔らかい花弁を少しずつ抜き取っていった。手はちょうど合掌をしているような格好になった。手のひらに挟まれた蝶が胴をよじらせるのを洋平は感じた。指のあいだからは黒と薄い黄色のまだら模様の翅がはみ出していた。

2017年12月25日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第2話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2017 藤城孝輔

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

不倫

"手の中の蝶"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る