完璧な夢

フィフティ・イージー・ピーセス(第7話)

藤城孝輔

小説

2,236文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。

その小説家は完璧な夢から目覚めてしまった。しばらく何が起こったのか分からないまま暗い天井に視線を漂わせていたが、彼ははっとしてベッド脇のテーブルの上に置いてあったノートとペンに手を伸ばした。いつアイデアが湧いてきてもいいように常に手の届くところに筆記用具を用意してあるのだ。

その夢は小説にするにはあまりにも完璧な夢であった。奇想天外な着想、斬新で誰にも予想がつかない展開、そしてため息が出るほど均整のとれた構成――すべてをありのままに文章にとらえることができたなら、それはこれまで小説家が読んできたすべての小説を凌駕する最高傑作になり得るだろう。新作が途絶えて久しく、文壇からも忘れられかけていた彼にとっては真っ暗な洞窟を抜け出して再び脚光を浴びるチャンスであった。

2018年1月14日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第7話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 藤城孝輔

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

BL

"完璧な夢"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る