夜、走る男

フィフティ・イージー・ピーセス(第5話)

Fujiki

小説

2,373文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。

テレビは毎日のように連続通り魔殺人のニュースを報じていた。事件の被害者は既に八人にのぼる。被害者はいずれも夜道を一人で歩いているときに襲われている。近所でもパトカーが深夜過ぎまで巡回しているのを男は知っていた。

男は失業中だった。毎日特に出かける用事もないので、ビールを飲みながらテレビを見て過ごす。年金暮らしをしている両親からの仕送りはささやかな生活費と酒代に消えた。新しいアルバイト先を見つける気力はずっと以前になくしていた。面接に着ていくリクルートスーツはすっかりほこりをかぶっているし、履歴書に書けるような資格や学歴もない。昔買いだめた求人雑誌は紐でしばってテレビ台代わりに使っている。

誰とも会わない毎日にもかかわらず、男は自分の外見を気にしていた。体重計がないのでどのくらい太ったかは分からないが、鏡を見ると顔全体が膨張してきた様子である。以前に比べて肌のきめは粗くなり、無精ひげを剃っても青黒い剃り跡が常に頬に残るようになった。腹や背中の肉は垂れ下がり、鏡越しに自分の後ろ姿を見ると冬眠中の熊のようである。そして頭頂部が薄くなってきているのはもはや気のせいとは言えなくなった。

2018年1月15日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第5話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 Fujiki

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

サスペンス

"夜、走る男"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る