自称変な人

フィフティ・イージー・ピーセス(第45話)

Fujiki

小説

2,245文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。第11回文芸思潮エッセイ賞入選。

とある老人ホームで中学校の教員免許の取得に必要な介護体験実習をしていたときのことである。ある日、実習の帰りに自称変な人に出会った。ちょうど公衆電話で母に迎えを頼んでホームの表で待っていたところだった。

自称変な人であることはそれほど大きな問題ではない。私も自称変な人の一人だし、これを読んでいるあなたもたぶんそうだと思う。自称変な人に悪い人間はいないというのが私の持論である。少なくとも、自称普通の人に比べれば自称変な人は多くの場合ずっと安全で善良な人々ばかりである。

バニラのアイスクリームを食べながら長い手足を揺らして坂道を下ってきたその人は自称変な人であると同時に見るからに変な人でもあった。年齢は三十歳ぐらいで、宗教画でよく見るイエス・キリストのような長髪とひげを生やしている。ひげの茂みにバニラアイスやコーンのかけらがくっついているのが何となく気がかりだ。ひげに囲まれ、日焼けした黒い顔の中心ではぎょろ目が動いていた。その風貌は以前映画館のレイトショーで観た『恐怖奇形人間』という古い映画に出てくる科学者を私に思い起こさせた。

私にはその自称変な人がはじめ何と言っているのか聞き取れなかった。小声でずっと独り言をつぶやいていたからである。しかし今は私の目の前に立ち止まって、明らかに私に向かって話しかけている。独り言を言っているときと声の調子はまったく変わらない。

「みんな私のことを変な人だって言うし、私も変な人だと思っているけどよ、だからって必ず危険人物とは限らないさ。フジ……にいさん何て読むの?」

大きな目が高校時代から着ている私のジャージに刺繍された名前を鋭くとらえていた。

「フジシロと読みます」

立ちすくんだ私はとっさに嘘をついた。自称変な人に悪い人はいないものの、私は知らない相手には心を許さない。本当は私の名字は「フジキ」と読むが、漢字では「藤城」と書く。ありがちな「藤木」とはキが違うのだ、キが。そのせいで初対面の相手は必ずと言っていいほど私の名字を読み間違え、私はたいてい訂正せずにやり過ごす。嘘だと気づかれる心配はあるまい。

2018年5月1日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第45話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 Fujiki

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

私小説

"自称変な人"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る