タグ: 恋愛 55件

  1. 基地外詩「それだけの事」 2016.8.23

    • Juan.B
    • 6ヶ月前
    • 358文字

    ※破滅派オリジナル作品。

  2. 時計じかけのパズル 小説

    • 谷田七重
    • 6ヶ月前
    • 7,380文字

    真奈美には何の悪気もあるはずがない、俺に惚れてるからセンチな妄想をたくましくしてるだけだ。でも、と荻野はまた思う。それが何なんだ? 何だっていうんだ?

  3. 基地外詩「老若男女日本人皆」 2016.7.6

    • Juan.B
    • 8ヶ月前
    • 1,038文字

    ※破滅派オリジナル作品

  4. 陰影のトポロジー 陰影のトポロジー / 小説

    • 斧田小夜
    • 9ヶ月前
    • 16,032文字

    連載の途中ですが短編をお送りします。

  5. ビターチョコレート 小説

    • モチ代
    • 9ヶ月前
    • 10,253文字

    恋愛は、必ずしも明るく楽しいものだとは限らないなどと思い、二十歳の時に書きました。 ほろ苦いチョコレートでも片手に、読んで頂けると幸福です。 ちなみに実体験ではないです。

  6. 基地外詩 「お前らがどんなに騒いでも」 2016.5.17

    • Juan.B
    • 9ヶ月前
    • 1,082文字

    ※破滅派オリジナル作品。

  7. [SS合評]愛の発見 小説

    • 天王丸景虎
    • 12ヶ月前
    • 9,592文字

    /* いつかはわからない。歴史の断絶が引き起こった未来のいつか。私――イリスは人類考古学者としてクーナエ発掘局で『かつて高度な文明を持ちながらも滅んでしまった人類』についての発掘調査を行っていた…

  8. 花冷え 小説

    • 谷田七重
    • 1年前
    • 14,734文字

    受け止めるでもなく、はじき返すでもない。宙に浮いたままの、たくさんのクエスチョンマークが漂っている中で、彼はいつも曖昧に笑っている。

  9. 基地外詩 「性教育テレビ」(または「性を消費せよ」) 2015.8.29

    • Juan.B
    • 1年前
    • 1,361文字

    ※原文は15年8月29日付だが、11月27日一部修正。

  10. 器用な容器 光源のない走馬燈 / 小説

    • アサミ・ラムジフスキー
    • 2年前
    • 8,272文字

    中身を容器に合わせるか、容器を中身に合わせるか。 ほとんどの迷いや悩みはここに集約されるのかもしれない。