高橋文樹の投稿一覧 170件

  1. かえりの会 小説

    • 高橋文樹
    • 26日前
    • 3,893文字

    少女が見る、この世の終わり。それは切なさとともにやってきて、でも無慈悲で——2018年7月破滅派合評会「明日世界が確実に滅びるとして」参加作品。

  2. 縄文イベント体験記 東北歴史文化講座 青い森と海が育んだ縄文スピリット 縄文小説集 / ルポ

    • 高橋文樹
    • 6ヶ月前
    • 911文字

    縄文小説の題材集めのため、東北歴史文化講座に参加してきた。以下はそのリポートである。

  3. おんなのよろこび 小説

    • 高橋文樹
    • 6ヶ月前
    • 2,572文字

    2018年2月合評会参加作品。テーマは「エロとホラー」です。おんなのよろこびを教えるのが男の仕事。

  4. 文学だけにできること メタメタな時代の曖昧な私の文学 / エセー

    • 高橋文樹
    • 7ヶ月前
    • 5,493文字

    2010年から連載してきたこのエッセーもついに最終回となる。本稿では、連載を通じて触れてきた「テクノロジーと文学」ということに対する考察ではなく、単に文学だけができることについて、現時点での私の…

  5. ニュービー最後の事件 小説

    • 高橋文樹
    • 8ヶ月前
    • 2,338文字

    2017年12月破滅派合評会参加作品参加作品。新米探偵(ニュービー)最後の事件とは。

  6. とどめの一滴 小説

    • 高橋文樹
    • 10ヶ月前
    • 4,073文字

    2017年10月合評会参加作品。セレンディピティがもてはやされる昨今に冷水を浴びせかけるつもりで書きました。

  7. 朝のきたい

    • 高橋文樹
    • 11ヶ月前
    • 469文字

    ぼくは週の半分、ソファで眠っている。

  8. バイクで死んだ奴はいない

    • 高橋文樹
    • 11ヶ月前
    • 641文字

    僕の友達にバイクの事故で死んだ奴はいない。でも、そんな〝マブダチ〟がいたような気がしてならない。

  9. 大人はゆずってくれない 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 2,748文字

    「もしテロリストが学校を占拠したら」という妄想が人類に普遍的な幻想で、フランス人の男子中学生もまた、退屈な授業の間にこんなことを考えているのかもしれない。

  10. 縄文小説参考文献『サピエンス全史』レビュー 縄文小説集 / 評論

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 1,898文字

    NHKや各種書評で紹介され、歴史書としては異例のベストセラーになった野心的な書籍を紹介する。縄文小説の参考になりそうなのは冒頭部だけだが、新しい視座を提供してくれるだろう。