Now Printing...

でぶでよろよろの太陽 夕暮れの世界

あと数日で死を迎える「わたし」が、最後に、ささやかで充実した3日間をすごす物語。

  1. 連載中 (最終更新: 2018 年 1 月 21 日 )
  2. 30 作品収録
  3. 66,509文字

Authors & Editors 執筆者・編集者

勒野宇流

勒野宇流 編集・執筆

「時」をテーマとした小説を書いています。

How people say みんなの反応

Works 掲載作一覧

  1. 1

    でぶでよろよろの太陽(1章 の1) 小説

    • 勒野宇流
    • 2ヶ月前
    • 1,323文字

       (1章の1)      砂利道はずっと下っていた。    夏の終わりの巨大な夕日が赤黒い光を落とし、陽炎と影で見通しが効かず、道は果てしなく続いているかのようだった。  木造の粗末な平屋がぽつり、またぽつりと建つ、 […]

  2. 2

    でぶでよろよろの太陽(1章 の2) 小説

    • 勒野宇流
    • 2ヶ月前
    • 1,396文字

     (1章の2)      となりの荒れ地には墓があった。風雨に晒され、砂埃に打たれて劣化してしまったのか、下の方は白茶けている。    ざっと靴底が滑る。砂利に足を取られ、はずみで小石が靴の隙間から入り込んだ。痛みを感じ […]

  3. 3

    でぶでよろよろの太陽(1章 の3) 小説

    • 勒野宇流
    • 2ヶ月前
    • 1,567文字

       (1章の3)      川があり、砂利道は、それを渡るほんの十数歩分だけ舗装路になる。錆びた欄干に手を付いて下の流れを覗き込むがよく見えない。それならばと、橋の脇から降りてみる。足元がよく見えずに危険だが、転げ落ち […]

  4. 4

    でぶでよろよろの太陽 (2章 の1) 小説

    • 勒野宇流
    • 2ヶ月前
    • 1,352文字

       (2章の1)      塔の湯の集落に入る。    道のでこぼこが均されている。もちろん未舗装のこと、完全な平らというわけではない。ただ、山道のように、えぐられたような窪みも、ごろた石もない。    砂利に、薄く2 […]

  5. 5

    でぶでよろよろの太陽 (2章 の2) 小説

    • 勒野宇流
    • 2ヶ月前
    • 2,392文字

       (2章の2)      開いているガラス戸の幅は痩せた子どもが通れる程度のもので、わたしは戸に手をかけて横に滑らせた。レールに砂が噛む、いやな音が響き渡る。顔をしかめながら店に体を入れたあと、ガラス戸の端を握る手に […]

  6. 6

    でぶでよろよろの太陽 (2章 の3) 小説

    • 勒野宇流
    • 2ヶ月前
    • 2,167文字

       (2章の3)      汗ばんだ手で、別の菓子を袋から取り出す。駄菓子の入っている袋はすべすべの薄い紙で、口の部分が細かくギザギザになっている。その袋から取り出した菓子は、ビニールのチューブが五本セットになったもの […]

  7. 7

    でぶでよろよろの太陽(3章 の1) 小説

    • 勒野宇流
    • 2ヶ月前
    • 2,409文字

       (3章の1)      ずっと夕暮れだった。    夕日が西の空に大きく浮かび、稜線に沈みかけている。ここは、いつまでたっても夕暮れだけが続く世界だった。    夕暮れは一向に、闇へと突き進まない。日は沈まず、夜が […]

  8. 8

    でぶでよろよろの太陽(3章 の2) 小説

    • 勒野宇流
    • 2ヶ月前
    • 2,290文字

       (3章の2)      それにしても汗だくの感触は、夕日に赤く染まった田舎道によく合う。とうの昔に忘れてしまった感覚を思い出すというのは、さっきの駄菓子もそうだが、贅沢なもののうちの一つだろう。    わたしは意識 […]

  9. 9

    でぶでよろよろの太陽(3章 の3) 小説

    • 勒野宇流
    • 2ヶ月前
    • 2,797文字

       (3章の3)      冷房がなく、衣類の質も悪かった時代。夏の夕暮れは、気だるい汗に覆われていた。どこにも逃げようがなかった。わたしは、ハンカチで絶えず汗を拭っていた。汗はそのままにしていたが、さすがにびしょびし […]

  10. 10

    でぶでよろよろの太陽  (4章 の1) 小説

    • 勒野宇流
    • 2ヶ月前
    • 2,631文字

       (4章の1)      1年、あるいは2年前だろうか。いずれにしろ少し前になるが、わたしは強く印象に残るテレビ番組を観た。もちろん今歩いている「夢の世界」でのことではない。現実世界でのことだ。    そのテレビ番組 […]

  11. 11

    でぶでよろよろの太陽  (4章 の2) 小説

    • 勒野宇流
    • 2ヶ月前
    • 2,311文字

       (4章の2)      調子を崩したのが金曜日の夜のことで、混みあうだろう土曜日に医者に行く気が起きず、週末安静にしていれば持ち直すだろう程度に考えて自宅で静養していた。しかしじっと寝ていたというのに、夕方には熱が […]

  12. 12

    でぶでよろよろの太陽  (4章 の3) 小説

    • 勒野宇流
    • 1ヶ月前
    • 2,780文字

       (4章の3)      しかし人間の体というものは、耐用年数がくれば勝手に壊れてしまうらしい。わたしの場合は元々すい臓という部位の耐用年数が短かったというだけのことなのだろう。    これは実にツイていない。すい臓 […]

  13. 13

    でぶでよろよろの太陽 (5章 の1) 小説

    • 勒野宇流
    • 1ヶ月前
    • 2,240文字

       (5章の1)      わたしのすい臓はがんで、さらにはステージⅣだった。これはもう、治療のしようがないくらいに進行しているという状態だ。    ある日担当医は、点滴で元気になったわたしを呼び出した。深刻な顔で、そ […]

  14. 14

    でぶでよろよろの太陽 (5章 の2) 小説

    • 勒野宇流
    • 1ヶ月前
    • 2,487文字

       (5章の2)      告知を受け、わたしはすぐさま会社を辞めた。働いている意味がまったくないからだ。一人暮らしで家族はいない。どうして余命が半年なのに働かなくてはならないのか。成し遂げたい仕事であれば別だが、わた […]

  15. 15

    でぶでよろよろの太陽 (5章 の3) 小説

    • 勒野宇流
    • 1ヶ月前
    • 1,519文字

       (5章の3)      点滴で意識が戻り、医者は、血糖値が急激に落ちたので意識を失ったと伝えた。もうわたしのすい臓はほとんど機能していないということだった。    それ以降は入院生活となる。幸い金に余裕はあったので […]

  16. 16

    でぶでよろよろの太陽(6章 の1) 小説

    • 勒野宇流
    • 1ヶ月前
    • 2,149文字

       (6章の1)      そこに、一人の男が現れた。    男は、元々関係の薄い、そして今ではほとんど付き合いの切れている友人の名を出した。その紹介で訪ねて来たのだという。    あいつか。わたしはぼんやりと、紹介者 […]

  17. 17

    でぶでよろよろの太陽(6章 の2) 小説

    • 勒野宇流
    • 1ヶ月前
    • 1,698文字

       (6章の2)      その頃わたしは、病院から退院を迫られていた。身内のいないわたしを長く置けば、いずれ病院はやっかいを抱え込むことになる。まだ多少は動くことができるここらがチャンスと見ていたのかもしれない。病院 […]

  18. 18

    でぶでよろよろの太陽(6章 の3) 小説

    • 勒野宇流
    • 1ヶ月前
    • 2,121文字

       (6章の3)      特別サービスについて、根を詰めてとうとうと話されたわけではない。もはや敵地に乗り込んでのそれなので、相手は強引にでもいい加減にでも、もっと言えば強制してでもできたはずだが、説明は控えめで、極 […]

  19. 19

    でぶでよろよろの太陽  (7章 の1) 小説

    • 勒野宇流
    • 1ヶ月前
    • 2,230文字

       (7章の1)      病室から部屋を移され、機械が隙間なく並ぶ部屋で『業者A』の人間に囲まれることになった。いろいろな線を、そして管を、とっかえひっかえ体に付けられた。これが夢の世界に行く機械なのかと聞くと、まだ […]

  20. 20

    でぶでよろよろの太陽  (7章 の2) 小説

    • 勒野宇流
    • 1ヶ月前
    • 1,831文字

       (7章の2)      契約を交わしたとき、夢の中ですごす環境を考えておいてくれと言われた。ようは、3日間を生きる世界のことだ。地域も時代も問わないという。さすがに他の星や深海など、およそ人間の生息できないところは […]

  21. 21

    でぶでよろよろの太陽  (7章 の3) 小説

    • 勒野宇流
    • 1ヶ月前
    • 2,341文字

       (7章の3)      翌日、点滴注射を受けているときに沢田が来た。腕の血管に取り付けた管にセットした大型の注射器を、医師が親指でゆっくり押す。赤味がかった液体が管を伝ってわたしの中に入っていく。まだ午前中だという […]

  22. 22

    でぶでよろよろの太陽  (7章 の4) 小説

    • 勒野宇流
    • 1ヶ月前
    • 2,225文字

       (7章の4)      わたしはまた、ふと思いだす。以前に一度、夕日を見つめていて思ったことを。    もしかしたら自分は死ぬとき、夕日を見たくなるのではないだろうか。きっと死ぬ間際になって、くすんだ朱色の世界に囲 […]

  23. 23

    でぶでよろよろの太陽(8章 の1) 小説

    • 勒野宇流
    • 1ヶ月前
    • 2,581文字

       (8章の1)      わたしはずっと歩いている。「汗よ乾け」と念じていないので、全身汗まみれだ。この時代のシャツは吸水力が悪く、流れ落ちる汗でパンツまでもベトベトになっている。    小さい頃、汗まみれの状態を放 […]

  24. 24

    でぶでよろよろの太陽(8章 の2) 小説

    • 勒野宇流
    • 1ヶ月前
    • 1,766文字

       (8章の2)      こんなにも感覚や意識がしっかりしている世界が夢だというなら、もしかしたら、現実の世界だって夢なのではないだろうか。わたしは自分の末に、一縷の希望を持った。このあと間もなく、わたしの意識はあの […]

  25. 25

    でぶでよろよろの太陽(8章 の3) 小説

    • 勒野宇流
    • 29日前
    • 2,953文字

       (8章の3)      田んぼの向こう、遠くに稜線がある。しかし黒い雲と繋がり、稜線との境目がなかなか判別できない。凝視して、多少薄く見えるところから雲だと、かろうじて分かる程度。雲は昼間に見るあやふやなものとは違 […]

  26. 26

    でぶでよろよろの太陽 (9章 の1) 小説

    • 勒野宇流
    • 28日前
    • 2,219文字

       (9章の1)      わたしは、駅に行きたくなった。鄙びた温泉街の、単線の小駅。一日にたった数本だけしかやって来ないローカル線。そんな駅を味わいたかった。    乳母車を押している主婦に、遠慮がちに駅までの道を尋 […]

  27. 27

    でぶでよろよろの太陽 (9章 の2) 小説

    • 勒野宇流
    • 22日前
    • 2,688文字

       (9章の2)      バスがやってくるまでにかなり待たされた。これはわたしが、「バスがすぐに来る」と念じなかったからだ。田舎のバスは本数が少なく、長く待たされるのが当たり前なのだ。特に念じなければ、この時代の常識 […]

  28. 28

    でぶでよろよろの太陽 (9章 の3) 小説

    • 勒野宇流
    • 21日前
    • 2,366文字

       (9章の3)      わたしは結局独身のまま30代を通り過ぎた。あの時に思い描いた年齢をとっくにすぎているのだ。しかしそれが、どうも実感としてわかない。    現在のわたしは、もう40代だ。多くの者が年齢よりも若 […]

  29. 29

    でぶでよろよろの太陽 (9章 の4) 小説

    • 勒野宇流
    • 7日前
    • 1,972文字

       (9章の4)      調度品などない玄関で殺風景そのもの。モルタルの壁にはひびが稲妻のように走っている。靴箱は埃まみれで、手前に傾ければ砂利がざっと落ちてくることだろう。もうちょっとマシな宿を想像すればよかったと […]

  30. 30

    でぶでよろよろの太陽 (9章 の5) 小説

    • 勒野宇流
    • 17時間前 New!
    • 2,305文字

       (9章の5)      一部屋ずつ運ばず、そろって食事をさせるのは手間をかけたくないからだろう。みすぼらしい安宿のやりそうなことだ。    おかずがまた貧弱だった。肉類、刺身類はなし。揚げを焼いたものに、ほうれん草 […]