日常。(38)

mina

小説

1,343文字

触れられても、何もカンジなかった
舐められても、何もカンジなかった
kissされても、胸を揉まれても、
何もカンジなかった

それは、きっと…

         ・

「どう?気持ちいい?」
「…うん」
「乳首固くなってるよ」
「 … 」
早く時間が過ぎないかなって、本気で思ってた。だって、きっとこの人は私を抱いていないから
「乳首、舐めていいかな?」
「 … 」
でも声を出さなくちゃいけない
「僕が責めると大抵の女性はイッちゃうんだよね」
そんなはずないわ、だって…
「ん…気持ちいい…」
あなたの愛撫、痛いもの
「君のおっぱい、柔らかいね」
「そんなこと…あっ…」
カンジてる演技は苦じゃないけど…この人本当に私がカンジてると思ってるのかしら?
「そろそろ濡れてきたかな?」
「いや、まだ触らないで」
「どうして?」
「…だって恥ずかしいんだもの」
嘘よ。濡れてないのがばれちゃうじゃない?だからあなたに触られたくないの
あなたのプライドを壊しちゃいけないし、あなたの期待を私は裏切ってはいけない
だって、私とあなたが過ごしてるこの時間はあなたがお金を払って買ったモノで…
「恥ずかしがらなくても大丈夫だよ」
やめて、本当に濡れてないの!
「 … 」
そんな顔しないで!私…
「今度は私から責めていい?」
そう言って、私からkissしようとした時、今まで饒舌だった、その口が動かなくなって無言になり、私の両手をものすごい力で掴んできた
「痛いっ!」
痛がり、嫌がる私に乱暴なkissをしてきた
「んっ…」
「僕を目の前にして、僕がこんなに責めてあげてるのに…君は不感症なの?」
「 … 」
両手を捕まれたまま、耳、首筋、腋の下、二の腕、指、胸、乳首をベロベロ舐められた
「 … 」
無言でひとりよがりな、その愛撫に私はカンジてしまっていた
「いや…」
濡れているのを知られたくなかった
「いやーっ!」
私は絶叫してしまった
「僕に触られるのがそんなに嫌?」
「 … 」
どうして私、濡れてるの?嫌よ、こんなおじさんにイカされたくない!風俗に愛なんてないもの!私じゃなくて女だったら誰でもいいんでしょ?

…嫌、イヤよ

「ほら、こんなに濡れてるよ?」
「嫌…」
そんなの私に見せないでよ
「君、泣いてるの?」
泣いてなんかいないわよ
「可愛いね」
その時初めておじさんと目が合った
おじさんの目に私の泣き顔が映っていた
「指、入れるよ」
「んっ…!」
私の中でおじさんの指が上下に動く。優しいんだけど激しい、その指使いが私をどんどん濡らしていき…
「だめ、もうイッちゃう…」
「いいよ、僕がちゃんと見ててあげるから、イッてごらん?」
「いや、見ないで」
「見ないでって言われても見るよ」
「何か…全部出ちゃうカンジ…」
「いいよ、全部出してごらん?」
「いや…恥ずかしい」
「大丈夫」
「あっ…!」
もうダメだった。気持ち良くってもう何も考えられなかった
「美味しい」
おじさんは手についた私の愛液を舐めていた
「そんなの美味しいの?」
「あぁ、君のは特に絶品だよ」
私は力いっぱい、おじさんを抱き締めた
「そんなに強く抱き締められたら、痛いよ」
               end

2015年2月18日公開

© 2015 mina

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"日常。(38)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る