日常。(40)

mina

小説

1,324文字

毎週月曜日、私に逢いに来てくれるお客さんがいる
私はそのお客さんが大好きで、毎週月曜日が楽しみになっていた
そこにお金が存在していることは解ってるんだけど、私は彼といるとそんなことは忘れてしまっていて、彼と過ごす時間を普通に楽しんでいた

そう、まるで本物の恋人同士みたいに

         ・          

最近僕はよく考える、僕が死んだときのことを
誰かが僕が死んで、この世から消えたときに泣いてくれたらいいなって毎日思うようになっていた
「 … 」
僕は二年前に離婚して、子供の親権も向こうにとられ、両親は健在だけど…老後は二人きりで過ごしたいと面と向かって言われちゃって…僕は独りでいいと思っていたけど、本当に独りになってしまった今、僕は自分の存在意義はあるのかなって…
「 … 」
だからこんなに毎日考えてしまうんだ
僕が死んだとき、泣いてくれる女が欲しいって
「 … 」
きっと君が泣いてくれたら、僕はもうそれだけでいいと思っている
僕はきっと君を愛し始めているのかも知れない
お金を払って君の時間を買っているってことは百も承知だけど、それでも…僕は君に逢いたい
僕にはもう君しかいない
そう、僕にはもう何もない

「課長、これ今日の会議の資料です」
「あぁ、ありがとう」
「…いい天気ですよね」
「そうだね、いい天気だ」
「…課長、最近よくこの窓から外見てますよね?」
「そっ、そう?そんなに見てるかな?」
「はい」
「ごめん、ごめん。もっとちゃんと仕事しなくちゃだよね」
「いいんですよ、課長」
「えっ?」
「課長はちゃんと仕事してるじゃないですか。ただ、僕が言いたいのは…」
「 … 」
「…何となく心配なだけです、そんな課長が」
「どうして?」
「何かどこかへフラッと行っちゃいそうな感じというか…うまく言えないんですが…」
「 … 」
部下に心配されてしまった

「いい人じゃない?心配してくれるなんて!いい部下を持ったわね、林さんの人徳かしら?」
「よくないよ…死相でも出てるのかな?僕」
「大丈夫よ!死相なんて出てないから。それに…」
「それに?」
「私、林さんが死んじゃったらものすごく悲しくて泣き明かしちゃうわよ」
「 … 」
君は僕のことを思ってくれていたんだね
僕が今一番欲しい言葉を僕が一番気になる君
が言ってくれた
僕は嬉しくて嬉しくて…
「やだ!なんで泣いてるの?」
「…嬉しくて」
「嬉しいって…」
彼女は僕のことを抱き寄せ、頭を優しく撫で
始めた
「 … 」
僕はこんな歳にもなって、自分より若い女の
子の腕の中で泣いた
「 … 」
まるで母親に抱かれているような気分だった
その腕の中で僕はわんわん泣いた
「…大丈夫、大丈夫だから安心していいんだよ」
「 … 」
僕は彼女の胸を無償に舐めた
激しく、何かをぶつけたかった
「あっ…ちょっと強い…」
「 … 」
何かをどうにかしたかった
どうにもならない気持ちを彼女に知って欲しかった
僕を受け止めて欲しかった
「あっ…んっ…!」
彼女はたくさん濡れていた
僕の指は彼女の愛に包まれていた
僕は…独りじゃなかった

               end

2015年3月10日公開

© 2015 mina

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"日常。(40)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る