日常。(43)

日常。(第36話)

mina

小説

1,561文字

そのとき時計は3時30分を示していて、会社に戻りたくない僕はネットカフェで時間を潰すことにした
「当店の会員証はお持ちですか?」
「あ、いえ」
「今日、身分を証明出来るもの、何かお持ちですか?」
「 … 」
「…お持ちではないですか?」
「いや…」
財布の中に運転免許証が入っているから、す
ぐに提示すればいいことなのだが
「 … 」
年齢がバレるのが嫌だった
「では、この用紙に記入してください」
「はい」
ネットカフェの店員にとっては僕の年齢なん
て関係ないし、さほど興味もないだろう
しかし僕は最近非常に自分の年齢が気になる
「 … 」
あの女性従業員の顔がニヤついているように
みえる。きっとあのおじさんエロ画像でも見
るんだわって顔つきだ
非常に気になる、非常に気になるのだ
そんな女性従業員の目線を気にしながら、受
付で手続きを済まし、指定された個室へ向か

途中、雑誌コーナーで何冊か雑誌をセレクト
して、個室に入る
「 … 」
まずはパソコンの電源を入れて、最近気にな
っている掲示板にアクセスしてみた

         ・          

最近、インターネットの掲示板に私のことが
よく書き込まれるようになった
私はそのことでひどく落ち込んでいて、お店
を辞めてしまおうかって考えていた
「そんなに気にしない方がいいですよ」
「でも…店長、私もう嫌です」
「深く考えすぎですよ、さぁ元気出して!」
「…考えすぎって言われても、私…」
「みんなあなたのことが気になるんですよ」
「気にして欲しくないな」
「大丈夫、気にしない気にしない」
「 … 」
店長、あれって言葉の暴力だよ…って言いた
かったけど、きっとまた大丈夫って言われて
終わっちゃうんだろうなって思ったら、店長
に何も言えなくなった
お店の仲良い女の子たちも店長と同じような
ことを私に言う
誰に何を言っても、この状況は変わらなくて
誰だかわからない誰かに、私はひどく怯えて
いた
『全体的にカラダが大きい』
『あそこ毛深い』
『義務的で自分は面白み無かった』
『プレイも至って普通』
『また遊ぼうとは思わない』
『物足りなさを感じた』
何度もソコに書き込まれている言葉をくり返
し見てしまう
風俗の仕事を私もそれ程キッチリやってるワ
ケでもないし、この仕事にプライドを持って
やっているワケでもない
でも悔しい、すごく腹立たしい
お金をもらってサービスしているということ
を常に頭において接客しているつもりなのに
って…切なくなってくる
なんだか本当にひとりぼっちのような気がし
ちゃって…最近よく涙が出てくる
「 … 」
そんな時指名が入った
「もうすぐいらっしゃいますから準備しておいて下さい」
「店長、私…」
「大丈夫ですよ、頑張って」
疑心暗鬼になっている私がお客様を喜ばせら
れるのだろうか?
「 … 」
怖い

         ・          

僕が最近気になっている掲示板は風俗店の噂
の掲示板だ
中でも今最も気にしているのが立川の人妻店
のスレッド
「また書き込まれてるな」
1人の女の子のことをよってたかっていろい
ろ言い合っているのが面白くて、ついつい見
てしまうのだ
「 … 」
彼女には逢ったことがない、しかし僕の中に
最近いつも彼女がいる…
「 … 」
僕は実際に、彼女に逢ってみたくなった

         ・          

僕は想い続けていた女に逢えたような嬉しさ
で、気分が高揚していた
私はこの男も掲示板に書き込んでるんじゃな
いかって…ビクビクしていた

2人の肌が重なったとき、それはどうでもよ
くなって…ただ男の指が女の愛液まみれになっていた

                end

2015年4月6日公開

作品集『日常。』第36話 (全70話)

© 2015 mina

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"日常。(43)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る