ものがたるおとこ

かくおとこ(第5話)

吉田柚葉

小説

2,115文字

昔住んでいたところの近くのカフェで書きました。

 小説を書く才能のある女学生は、ファミリーレストランで私と会う際、かならずピザを注文した。一枚を私と切りわけて食べるのだが、かのじょはそれを、きまってコカ・コーラで流しこんだ。そうして私はきまって胃もたれをおこし、すこし食べのこした。そのすこしのこったぶんをかのじょはうれしそうに食べるのだが、そんなとき、私はじぶんに対し、ひどく厭な感情をいだいた。妻の顔がちらつき……、否、もはや妻の顔は私の記憶の中でおぼろになりつつあった。おぼろで、もやがかった、しかし、私に罪悪感をいだかせる、精神疾患の女からは、もう五ヵ月も連絡がない。

「先生は、いまは何を書いているんですか」

 と、女学生が問うた。私は、ドリンクバーで汲んできたオレンジジュースに口をつけて、

「ながい小説を書いているよ」

 と嘘をついた。

「どんな小説ですか」

 と、とうぜんの質問がきた。私はこの場で一篇の長編小説をこしらえることにした。

 まず私は、妻に逃げられた小説家の話だ、と言った。

 女学生は、『ねじまき鳥クロニクル』のような感じですか、と言った。

 私は、いや、もっとどうしようもない感じだ、ブコウスキーのような、荒っぽい筆致で……、と言って、その文体を想像した。

 主人公の男は、私によく似ていた。四十代も後半にさしかかってなお、卑屈で、理屈っぽく、青くさく、そして凡庸であった。

2019年12月15日公開

作品集『かくおとこ』第5話 (全14話)

かくおとこ

かくおとこは1話、2話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

リアリズム文学 純文学

"ものがたるおとこ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る