あそぶおとこ

かくおとこ(第8話)

吉田柚葉

小説

2,115文字

実家でちびちび書きました。ここにきてからずっと晴れています。

 二枚ほど書いて机の引出にしまっておいた小説が、発酵した。ほかにも、書きかけの文章は十本以上あったが、さきにつなげられそうなのはその一本だけだった。私はひと月かけて五十枚の短編小説にしあげた。

 できあがった文章を電子メールに添付して担当編集者の島崎に送ると、「なるべく早くお返事します。」とだけ返信がきた。すでに私は、その小説を読まれようと読まれまいと、どちらでも良い気持になっていた。書いて、満足していた。

 土曜日だった。

 電車で東京都美術館に行った。デンマーク絵画展をやっていた。ハマスホイのものが中心であった。どれも、どこかの技術のある者が描けば、描けてしまう程度の絵だと感じた。心がうかれていたからと言って、とんだムダ金だった、と後悔しながら、二階のレストランで紅茶をすすった。

 窓からは公園がのぞけた。みどりが青々としていた。人工的な感じしかしなかった。

「なんか、いまいちだったね」

 という女の声が聞こえてきた。

「そうだね」

 と男の声がこたえた。おそらく、私が坐る席のまうしろでの会話である。

「なんか、きれいだな、とは思うんだけど……」

「こういう大学にかよってる身で、アレなんだけどさ、絵ってさ、別に写真で良いよね」

 女のけたたましい笑い声が聞こえた。「わたしもそう思う」

2020年1月2日公開

作品集『かくおとこ』第8話 (全14話)

かくおとこ

かくおとこは1話、2話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2020 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

リアリズム文学 純文学

"あそぶおとこ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る