かかないおとこ

かくおとこ(第3話)

吉田柚葉

小説

1,745文字

ファミレスでともだちコレクションで遊びながら書きました。

 年の瀬がせまったある日、大学での講義を終え、帰宅すると、玄関の鍵がしまっていた。中に妻はおらず、リビングのテーブルに、置手紙があった。体調がわるいのでいっとき帰省するとのことであった。その簡浄な筆はこびに、私は感心した。

 妻の実家に電話をかけた。お義母さんが出て、すぐに謝罪をうけた。

 ごめんね。迷惑かけるねえ。

 私は、とんでもないです、と言って、先がつづかなかった。こういうときとっさに自分を責める言葉が出ない。

お義母さんは、

「あの子、庭の柿の木の陰でぼおっとしてて、電話に出れそうな感じじゃないのよ。ごめんねえ。そう言えば、そっちの庭にも柿の木が植えてあったわよね」

と言った。私は、是とだけこたえて、また、あとにつづかなかった。

 けっきょく、お義母さんがわるいまま通話を終えた。私は、冷えきった書斎に入った。講義の課題で学生たちに書かせた小説の原稿と向き合ったとたん、からだのちからがぬけた。空腹なのだった。

 きんじょのコンビニエンスストアで晩飯を買ってきた。サラダと冷凍のスパゲティである。妻がのみのこしたボトルワインで晩酌をした。ひとりの夕食は数年ぶりだった。それで私は、妻の存在が自分にとって重荷になっていたことに気づいたのであった。

 私は、書斎にもどってくだんの原稿と対峙した。たいていは、文書作成ソフトを使って文字を打ち込んだのをA4のコピー用紙にプリントしたものである。が、ひそかに私が気にかけている女学生は原稿用紙に手書きなのだった。講義開始当初に出した課題は、かのじょもコピー用紙で提出していたのだが、いつだったか、講義中に、「ほんとは原稿用紙に手書きがいちばん上手くなるんだけど……」と私がもらしてからのち、原稿用紙での執筆にきりかえたのだった。

2019年12月8日公開

作品集『かくおとこ』第3話 (全14話)

かくおとこ

かくおとこは1話、2話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

リアリズム文学 純文学

"かかないおとこ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る