お子さま天下④

お子さま天下(第4話)

吉田柚葉

小説

1,962文字

タグから「自己啓発」を抜きました。何をもって「自己啓発」だと思っていたのか……。

Bコマが始まると同時に、俺は勇樹くんを談話室に通した。我々は向かい合って座った。

「最近、どう。」

と俺は訊いた。勇樹くんは、「普通です。」といかにもつまらなそうに言った。俺は、汗で落ちて来た眼鏡を指で直した。不登校の生徒との会話方法について修行中に指導を受けたことは一度もなかった。

俺は、机の上にくだんの水筒を置いた。

「これなんだけどね。……入っているのはお茶ではないね。」

「はい。」

「ポカリでもないね。」

「はい。」

勇樹くんの視線は、俺のネクタイのあたりを漂った。

「……いや、ごめんね。別に尋問しようとしているわけではないんだ。ただぼくは、君の口からこの水筒に入っているものが何であるのか聞きたい。」

「それは何故ですか。」

勇樹くんの視線が、瞬時に俺の目をとらえた。俺は顎を撫でて、次のように言った。

2019年9月17日公開

作品集『お子さま天下』第4話 (全14話)

お子さま天下

お子さま天下は1話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

リアリズム文学 純文学

"お子さま天下④"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る