お子さま天下③

お子さま天下(第3話)

吉田柚葉

小説

1,663文字

こんだけ地味な小説は逆に破滅的なんじゃないかと思いますね。

それが一学期の期末テスト終了後、夏期講習直前のAコマだったのは不幸中の幸いだった。一階の教室には三人しか生徒がいなかったし、二階の自習室にも人はなかった。俺は受付を篠田先生に任せて水筒を抱えたまま校舎の外に出て、私用のスマートフォンから勇樹くんの自宅に電話をかけた。すぐにお母さんが出た。俺は、今しがた起こったことを説明した。お母さんは、「そうですか……。」とだけ言って、次の言葉がつづかなかった。俺は、次のように言った。

「こちらと致しましては、なにも大事にするつもりはございません。ですが、勇樹くんがしたことは、第一に、勇樹くんの健康に係わることでもあります。それから第二に、一応は違法性のある行為でもあります。このことに関して、勇樹くんには指導が必要だと考えられます。それでお尋ねしたいのですが、お母さんは、勇樹くんが飲酒をしていることはご存知でしたか。」

「……はい、知っていました。……ですが……。」

俺は、黙した。強く風が吹いた。俺は、周囲を確認し、スマートフォンをスピーカーモードにした。

「息子には、なにも言えませんでした。冷蔵庫からビールが減っているのは確認してましたし、息子の身体からそういった臭いがしたのも確かです。ですが……。」

俺は、慎重に口を挟んだ。

「そうですね。つまり、指導にも時期があります。おそらくお母様も、まだその時期ではないとご判断なさっているのだと思います。これはとてもナイーブな問題だと思いますので、えー、今回の件に致しましては、こちらもその判断に従うかたちで……。」

2019年9月16日公開

作品集『お子さま天下』第3話 (全14話)

お子さま天下

お子さま天下は1話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

リアリズム文学 純文学 自己啓発

"お子さま天下③"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る