タグ: 貧困 21件

  1. よしこのこと(1) 生きるということ / 小説

    • 二十三時の少年
    • 3年前
    • 5,412文字

    薬中パラノイアのヒモ男は、長々とした独白と共に「今までの人生でとっておきにビザールな女」の話を始める。

  2. 昔日の亡霊 堕天国 / 小説

    • 猫宮 まひろ
    • 3年前
    • 12,955文字

    二十一歳の僕は、売人だった。さしずめ兎を追い立てる狐のような存在で、どうやって猟犬の目を掻い潜って狩りをするか、そのことしか頭になかった。

  3. 殺風景 昏睡状態 /

    • 大川縁
    • 3年前
    • 4,627文字

    詩です。ふと東武東上線寄居駅で蕎麦を食べたことを思い出し、そこからイメージして書きました。もっとグッチャグッチャにしてやりたかったのですが、なんだか色々と見失いそうでしたのでコンパクトにまとめま…

  4. フーリン(グ)・アラウン(ド) 昏睡状態 /

    • 大川縁
    • 4年前
    • 495文字

    11月の冷たい夜風に当たり、籤袋の中のような電子空間での騒ぎ。今日の運勢は最悪で、明日もきっと最下位だろう。わかっているのに、暗示されないと、もうドコにドウ立っているのかさえ、アヤフヤ。何もかも…

  5. ここにいるよ(9) ここにいるよ / 小説

    • 高橋文樹
    • 4年前
    • 10,310文字

    ミユキとの将来が確固たるものになっていくにつれ、Mへの執着を断ち切ろうとする「私」。過去の清算を行うべく、植物人間となった元親友の元へ向かった「私」が意図せずして取ってしまった行動とは。

  6. 無限抱擁 北千住ソシアルクラブ / 小説

    • 高橋文樹
    • 4年前
    • 5,030文字

    荒川河川敷でホームレスをはじめてひきこもりは、自分が小説家だと嘯きながら彼らを懐柔しようとする。

  7. 大地の力を感じる木 北千住ソシアルクラブ / 小説

    • 高橋文樹
    • 4年前
    • 3,385文字

    病魔に冒されたひきこもりは、ふらふらと荒川の河川敷に出る。

  8. 5章 ぽいのぱいよう 東京守護天使 / 小説

    • 高橋文樹
    • 4年前
    • 26,968文字

    警備員ルシ・フェル樹と作家志望の女の子ペニー・レインが交わす書簡体小説。労働運動に身を投じたルシの唯一の味方であった油田を待ち受けていた運命が、物語を激変させる。

  9. 指導層の歴史認識における絶対的断絶(2) 小説

    • 宇治茶
    • 9年前
    • 17,325文字

    行き場のない少年や浮浪者、フリーターたちが繰り広げる、悪意の歴史的な変貌を多視点にて描いた小説

  10. タクシードライバー(5) タクシードライバー / エセー

    • サムライ
    • 11年前
    • 1,513文字

    タクシー・ドライバーは孤独な仕事。そして、車窓を流れる大都会の風景にも、どこか人々の孤独の影が垣間見える。都会に浮かぶヘッドライトとそこに映る人生の陰影と。人々との一期一会を通して社会と人生を眺…