タグ: 散文 66件

  1. あたらしい生活様式 小説

    • 大田区
    • 1ヶ月前
    • 1,784文字

    あたらしい生活様式というウサンくさい言葉が流行っているみたいなので

  2. 海辺の蝶 小説

    • 松尾模糊
    • 2ヶ月前
    • 1,146文字

    ずっと海の近くで暮らしていたので、海のある景色に対してノスタルジックになってしまうようです。

  3. かいたおとこと石川淳 かくおとこ / 小説

    • 吉田柚葉
    • 6ヶ月前
    • 7,236文字

    いつも通り近所のスタバで書きました。お尻が痛くなりました。

  4. 金髪エルフの美少女 小説

    • 水野洸也
    • 8ヶ月前
    • 11,689文字

    批評を書く際に用いる文体を、小説にも応用できないかと思い書かれた一作です。

  5. シルバーガール 小説

    • ルム
    • 8ヶ月前
    • 3,420文字

    えんぴつ峠のラクダの坊主と、パンジー見つめるカエルの子供。 合理主義者のおしゃべりヘビと、オーバードーズのシルバーガール。 そんなやつらが年越し迎える、真夜中付近のそんなお話。 6つのショ…

  6. 喫茶店メランコリー 小説

    • 小雪
    • 8ヶ月前
    • 2,694文字

    路地裏の喫茶店は、どこかエロティックな香りがする。――主人公のしおりは、いつもの喫茶店で恋愛小説を読もうと本を開く。が、色々な妄想が駆け巡って……!?

  7. 罪と真で信 小説

    • 小西真由
    • 9ヶ月前
    • 34,409文字

    SF風純文学のつもりで書きました。 よろしければ、感想ください。

  8. ミヤツ子日記 小説

    • 駿瀬天馬
    • 9ヶ月前
    • 2,179文字

    BFC落選作、紀貫之トリビュート作品。

  9. 喫水線 小説

    • 長崎 朝
    • 10ヶ月前
    • 12,157文字

    ――見知らぬ死者のために。 市民プールのロッカー。宛名のない手紙のような小さなメモ書き。錯綜する「存在しない者」たちの幻影。 個人的な、まったくわけのわからない痙攣的文書です。

  10. 泥で建てた家 泥で建てた家 / 小説

    • 長崎 朝
    • 10ヶ月前
    • 5,436文字

    「第二回 阿波しらさぎ文学賞」最終候補作