四つの話

多宇加世詩集(第8話)

多宇加世

403文字

四つ目の話の末尾に日付がある。この頃からテーマは割と一貫している気がする。

手要ラネノ 居ルノ

手要ラネナ 居ル

片手サラッダナ サワッダナ

細イノ 鍛エデオゲ

エライノ エライノ 騒々シイナ

カマウナ カマウナ 肩ノ峰払ウナ

 

朗読終ワリマス 終ワリマアス

僕ラ具合ノ悪イ人チョットデモ助ケテアゲタイ

 

精読せよ 逐電せよ

羊蹄を格好良く描け

色を塗らせろ

馬蹄よ

蛍火を消せ

楽器から遠く離れて

眠った家の者を避けて

馬蹄よ

踏み締めろ

 

おかえり

桔梗の花ざかり

汽船の脱法者 展転する

霧と離船で切り取り線で 別れる人

壊劫とナラティブ

フィル・イン

もうモーメント

おかえり

数限りない夢だよ

 

変化することこそ変化しないで

変化を強いられる健常の世界で

しょうがなく変化しようと思う

反転が展転する

眺望小唄を還元して

本当の受光を知らないままだ

最奥で願をかけんとせんば噴火口

抜かんば雷光 敷かんば草いきれ

さりとて夏至の候

打ち込み井戸の軽さのような

バスの裁落としの窓のような

新しい朝は

来るだろうか

二〇一一年八月

2019年8月30日公開

作品集『多宇加世詩集』第8話 (全17話)

© 2019 多宇加世

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

自由詩

"四つの話"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る