ajisai

多宇加世詩集(第3話)

多宇加世

406文字

喃語は自分の詩にとってすごく重要だ。
詩のすべてが喃語だといってもいい。

冷めたお茶呑んだお星様

あじさい見てるさっきからずっと座ってる

部屋の押し入れで目をぱちくりさせてる

誘ってみたらいいんじゃない

肘をつまんで連れてきたらいいんじゃない

 

足場が悪いベッドの朝の道がんばる

笑いあって枝を集める 火をつけて

白い陽光のなか煙あげて打ち上げる

夜は電車の工場の音混じる貨物列車の風とともに

お星様がすうっと優しく体を刈りこんでいく

待っていたんじゃない

今日じゃなかったんじゃない

明日か昨日のことだったんじゃない

 

大きな かぶら かしら

音頭 どんどん

川原は とぎれとぎれ

薄い空白い水面

向こう側から 立ち枯れて

少し上って 六十七歩

お星様の家 あじさい 煙る

 

へるくつら てんら! すきとおる ふぁんふぁあれ

オーストワナ ハナバナ 星たちすべての水辺に反射して住みついて

へるくつら てんら! すきとおる ふぁんふぁあれ

オーストワナ ハナバナ 魚たち星たちから夜空まで追い出された

またね 足踏み送り仮名の練習にして またね

2019年8月16日公開

作品集『多宇加世詩集』第3話 (全17話)

© 2019 多宇加世

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

自由詩

"ajisai"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る