アボカド

多宇加世詩集(第1話)

多宇加世

555文字

詩ですが自分の詩は自分の生でないことを書く。同じ詩を迎えるとしても。

ヌードモデルの男の人の

首に掛かったBluetoothのイヤフォンが

私の絵にだけ描かれていない

 

その彼が脱いだ服の上に

鎮座ましますiPhoneは

彼にしか聞こえない音楽を流す

 

私たちは一緒に住むようになって私たちは

アボカドを食べるたび種につまようじを三本

刺して私たちはコップにひっかけてお尻が水につくようにした

 

そしてじき発芽したのは暖かかったからだ

でも時間をかけても発芽しないものもいた

ずっと輸送中 冷やされすぎたのだ

 

観測船そう名付けたのはアボカドの種

いつかは宇宙デブリだ

それまではどうか健康でいてね

 

病気でも宇宙デブリの肌が

つるつるで

カルテの整理の邪魔にならぬならば

 

勉強ができずとも

運動が出来ずとも

アボカドの種 楽しいときに

優しくなれるようであって

だけどそんなことも私たち願わないから

育って

 

なんども私たちはつながった

もう一度 いう

アボカドの種のお尻を水につけておけば

はんぶんに割れて芽と根がでてきます

 

私たちは私たちから始まってたくさんの人に

あなたには会ってほしいと願う 殺したりなどしない

発芽などさせてすまぬと詫びる声も

じっと聞き取る双葉もあるのに そうでしょ

 

彼はやせてヌードモデルをやめた

私のお腹に三人目の宇宙デブリだ

2019年8月11日公開

作品集『多宇加世詩集』第1話 (全18話)

© 2019 多宇加世

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

自由詩

"アボカド"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る