深々と

大川縁

755文字

今回はなるべく詩であることを意識しながら書きました。やり方は滅茶苦茶ですが、訂正をしない状態がいいかな、と考え、ほぼ生まれたてのまま公開します。

誰かがいるなら、そばで笑っていよう。

そうして薪をくべる毛布から伸びた腕を

ひっそりと温める静寂に、息をしていた。

 

丸い窓枠を外して、夜空をからっぽの部屋に落とせば

――ランプの明かりを消してごらんよ。

星々がベッドをはねて、白いシーツにくるまれていく。

 

見たくないものは四角い箱

ちょっと気になるものは三角の箱

大切なものは丸い箱

 

もうすぐ銀河の尻尾に手が届く。

宇宙船の長い旅は終わって、

様々な色に輝く石を拾い集めているだろう。

透明な膜の風船が、

いっぱいになるまで詰めてあることを

どうか忘れないで。

 

勇敢な飛行士の名前を覚えている人は、

もうこの星には残っていないけれど、

彼が飛ばした風船はすでに、太陽系の軌道をつかまえている。

その時、割れた風船の中から弾き出された

様々な色に輝く石を、

木星の監視者は決して捕まえることができないし、

火星の地中で凍らされることもない。

 

夜空を星いっぱい吸い込んで

火にあたっているのは、明日のことかな

それとも次の日のことかな。

 

誰かが目を閉じて、夜が始まり

夕食を囲むころには、笑みが灯されていく。

流星に乗った輝く石が、

戸を叩く日を待ち望んでいるのは、

どんな想像をもってしても語り切れない

約束事が隠されているから。

 

明かりを消して、お気に入りの毛布にもぐると

そこから地球は遥か彼方に遠ざかり、

小さな太陽のそばで笑うように、転がっていた。

 

様々な色に輝く石は、もう届いただろうか。

 

ここは深々とした記録に満ちたところで、

かろうじてとらえられる銀河の渦が

まだ近くにあるかのように、温かく感じられるよ。

 

2016年11月10日公開

© 2016 大川縁

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

散文詩 自由詩

"深々と"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る