俊足の校長

大川縁

605文字

実在する小学校の校長のことです。月日がだいぶ経ちましたのでもう定年退職されていると思いますが、ちょっと人間離れした雰囲気のある方でしたのでわからないですね。

かれこれ20年くらい前になるが、私が通っていた小学校の校長は少し変わり者だった。

脚力が自慢で、ある時体育の時間に50m走をしていると、どこからともなくフラフラを現れて

走っている生徒の横を全力で走りはじめた。

そして圧倒的な差をつけてゴールすると、またどこかに消えてしまう。

 

またある時は、プールの時間になると

すでに参加が決まっていたかのように水着で待機していて、

一緒になって泳いだ。

私は低学年の頃、水に顔をつけることができず泳げなかった。

すると校長がこちらに寄ってきて

私の手を掴むと、水に顔をつける練習をしてくれた。

それから不思議なことに、たいした時間もかからず水に潜れるようになり

何事もなかったかのように、私は泳げるようになった。

 

さらにある時、廊下を歩いていると、対向から校長が歩いてきているのがわかった。

他の生徒が何やら校長につかまっていて、少しの間をおいて解放される。

これが数回続いた後、私の目の前に立ちはだかった校長は、

その長い両腕を廊下の横幅いっぱいまで広げ、通せんぼのポーズをとった。

「ここを通りたければ、私にジャンケンで勝ちなさい」

といった意味合いの右手拳を突き出し、

本当に、勝つまで通してもらえなかった。

 

校長は数年で異動してしまったため、

子供心に「変なおじいさん」という強烈な記憶を残して

風のように去っていった。

2016年10月26日公開

© 2016 大川縁

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

散文詩 自由詩

"俊足の校長"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る