ナガミヒナゲシ

大川縁

392文字

ある年ナガミヒナゲシが大量発生しまして、借家を取り囲むように咲き乱れまていました。千川沿いやご近所にもありましたが、比べ物にならないほどの群生でした。

小金井市で借りた平屋の庭一面に、ナガミヒナゲシが咲いた。

帰化植物で雑草として近所でもよく見かけるのだが、

車二台は入る庭をオレンジの花弁が覆いつくす光景は見事だ。

通りを保育園児が散歩しに来て、連れていた保育士が「ほら、きれいだね」って

園児にオレンジ色を伝えている。

褒められた花弁は、風に吹かれて揺れるだけ。

 

やがて花は枯れ、種子の時期が訪れる。

ナガミヒナゲシは弾けるような音をたてながら、

種子を飛ばし始めていた。

縁側から眺めていると、種子の絨毯を踏んで歩く野良猫の姿が。

野良猫はもうすぐやってくる冬に、くるまる毛布を探しているのだろうか。

 

次の年に、また庭をナガミヒナゲシが敷き詰めることはなかった。

瞼の裏に焼き付いている、あの見事なオレンジ色の花弁で

通りすがりの人の目を惹いていたのが、まるで昨日のことのように思える。

 

2016年10月25日公開

© 2016 大川縁

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

散文詩 自由詩

"ナガミヒナゲシ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る