血の輪

昏睡状態(第16話)

大川縁

6,289文字

以前から余所で公開している詩集ですが、こちらでいくつかの詩と一緒にまとめることにしました。今後若干の改稿はあるかもしれませんが、まずは先行公開としてオリジナル版をどうぞ。

 

 

 

――沼沢から溺れる、足は引き摺られ、

見上げれば、そこがいかなる穴とも知らず、

あれは月だ、美しい月だよと、信じた、

 

瞼が鉄に焼けるように熱い、 息を吸うことは、 息を止めることよりも、苦しく、

四日四晩苦しみぬいた祖母の袂に、 汚された箸を供える、

すすり泣き、

膝から下を漆喰の川に委ね、 よく堪えたねえ、よくないだねえ、

何遍も声をかけ、焚かれる香の、 微かな弛みを浴び、また頬を濡らす、

 

沼沢に集まるかの群れ、

あれは鷺かな、それとも、

未だ乾かぬままに、 淡い期待を寄せた、あれらは、・・・・・・

 

いや、もうよそう、 夜の間は、こうして、

月の穴に溺れることだけが、 唯一の温もりなのだから、

 

 

彼岸花

 

 

せっかくのお誕生日ですから、 奇麗な絹に身を包んで、

ほら、たまにはお化粧だって、

そういう遠慮ばかりしていると、 居間の鬼が笑うのよ、

 

これ使い古しなんだけれどね、

元々は、おばあちゃんが自分の着物を、一糸、一糸、ほどいてねえ、

末っ子だった私のために、よおく縫い直してくれたのよ、嬉しかったわあ、

お姉ちゃんたら、顔を赤くして、

ずるい、ずるいって言うの、

でもお姉ちゃんたちは、普段から、新しいお洋服を買ってもらっていたから、

私は、いっつも、 お姉ちゃんたちは、ずるいって、

私も、赤い靴履きたいって、 駄々をこねたんだから、 お相子よね、

 

立派になって、 おばあちゃんにも、よく見せてあげて、

ほら、 あなたの孫が、こんなに大きくなりました、

どこに行っても、 恥ずかしいことなんて、何一つないんだから、

胸を張って、しゃんと、歩いておゆき、

 

おばあちゃん、 一緒に喜んでくれているね、きっと、

 

 

 

 

驕り翳り、浅まし、十の輩、 己が膿、咎、人、判判判、

泥に塗れ、 堂を歩む、滅、信を裏切り、 腹の底で発芽し、臆す、

風し斑、 四方族、天地反転、崩落、我、 膳安息、界隈、

訛、権化の説戒、 不病を諭し、修羅売買、 繁茂野生と枯渇道徳より集り、窮地、

判を押す、

澱まれ、道化の雫、呪詛、 朱の嗚咽、開墾憚る、無惨惨、

鯱の虚像、恫喝、藪祈、生え、 帳尻に化、敬う喪の共、頂まで負い、

攫え、八つ目、贅脆贅脆贅脆贅脆、 和の営み、接ぎ枝、虚虚、

業坂に、流転、切磋、 禁じ手を破り、嫁入前に没す、畜生の群れ、

 

惨、惨、惨、判を押す、

惨、惨、惨、惨、判を押す、

惨、惨、惨、惨、惨、判を押す、

惨、惨、惨、惨、惨、惨、判を押す、

惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、判を押す、

惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、判を押す、

惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、判を押す、

 

逸る憶測、警戒、凡、 牢悦に唆し、欠伸惑い、非の打ち所、耽々と、

暮煙昇る、縄、葦原焼き、 目下修繕、産湯に浸かる混沌、慈円芳し、

茫々、豫物、蛇と狼煙、 不知火恃み、燻らす、庵篭り、劫、嚥下す、

謂れ、詭弁跋扈に調印、 煮え滾る報復、存、飛沫し、恍惚と縫合、

因とり、諏訪凪、王の爪剥し、 邪な陣、踏み入らず、叙事或る事に、

蹂躙、憩い貰、法資質を間欠泉とし、 鰥夫、卿奪奪奪、卑屈に、卑劣に、

宵、不審を貪り、凶兆、淵から、 息吹く鳥居、方位、子の徘徊、愉快、

さて劣等、障壁に囲まれ、銅鐸、 手締め、諦め、舞う、憐れめ、憐れめ、

 

惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、

判を押す、押せ、判判判、 拇印、判、

惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、 惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、

判を押す、押せ、押せ、判判判判判判、 調印、密接、

惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、 惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、 惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、惨、

判を押せ、押せ、 押せ、押せ、判判判判判判判判判、

割印、金の流鏑馬、

 

印、

 

 

束の間

 

 

擡げる菜の首摘み、籠は満たされる、

日浴み葛よ、訥々と煽てられる、

2016年3月17日公開

作品集『昏睡状態』第16話 (全17話)

昏睡状態

昏睡状態は2話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2016 大川縁

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"血の輪"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る