あなたはひとりで

大川縁

542文字

この世界でひとりぼっちになってしまった時のことを考えてつくった詩です。表現は極力直球にして、素直な気持ちをそのまま書きました。相変わらず暗いかもしれませんが、結構ポジティブにやろうと頑張りました。しかし、それが反映されているとはかぎりませんのであしからず。

 

 

この世界で、あなたがたったひとりであるなら、

外灯の温かな光を追って、じきに見えてきた街の

街道やビル窓に映る人影のような過去の姿を求めて、

さ迷い歩くだろうか。

環状八号線に乗って、工場の横を抜け

交差する街道、また街道に目が眩みながら、やがて

空港の灯りを眺めているのかもしれない。

あれだけ嫌で仕方がなかった人らが

いなくなってしまった理想の中で、こうして

自由気ままに放浪しているはずなのに

どうしてあの人らのことばかりを思い出しながら、

次の灯りを探しているのだろうか。

 

人に描けるものは、人の見るものだけなのか

艶のある弦の、弾かれた乾いた音が、月夜に響いた。

古人はこうして琵琶に身を預け、

その身ひとつで渡り歩いた者もいたという。

物悲しい声は、寂れた恫喝を含み、

聴き手を語りの中へ引き込んでいく。

やはり人は、どこかで人の影を追っている。

それは幾千年の連鎖を絶やさなかった、

たしかな感触で、その喉から発せられる。

 

あなたはひとりで、街に残された最後の人として

ひとつひとつの灯りを消していくだろう。

その温かな灯りに映し出された、眩い記憶に

心を奪われながら。

 

 

 

2016年10月9日公開

© 2016 大川縁

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

実験的 散文詩 自由詩

"あなたはひとりで"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る