君の殺し方を知りたい

昏睡状態(第15話)

大川縁

709文字

シンプルな叫びに少し官能を混ぜた詩になりました。ちょっと卑屈ですが、思春期のようなもどかしさが現れれば良いかな、といったものを込めたつもりです。繊細にしようとしても、結局口汚さが垣間見えるのは、もはや生活習慣ですね。

 

君の指先 仄かに香る保湿クリーム

プランツウォーター シアバター

小悪魔演じた 下卑る涙袋女の「安い匂い」に

尾を振る役立たずの 能無し生殖器脳のイヌって

君は 暗に指先で諭す

 

静かに干満を匂わせているのは

どうやら 何枚も上手な君の仕業

 

悔しさなんて まだ心地いい

 

僕らは 卑屈で嘘まみれ クソの吐瀉物

君に比べたら

2016年2月19日公開

作品集『昏睡状態』第15話 (全17話)

昏睡状態

昏睡状態は2話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2016 大川縁

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"君の殺し方を知りたい"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る