腹の底

昏睡状態(第9話)

大川縁

666文字

ちょっと暗めの詩ができました。感情的に書いてる分には面白いですが、読んでみると酷いですね。日常に有り触れたこういう言葉はいくらでも並べられるので、書くよりも削るほうが難しいです。

 

君の疑いを 晴らせる人を

憎んでいるよ もちろん

 

君がそうして 怯え

その矛先が僕に向かえば向かうほど

僕は また頭が真っ白になる

腹の底が熱くなる

 

もっと忘れさせてくれよ

ソイツは君をそそのかして

君を暖かい輪の中に入れようとする

とんだペテン師だ

冗談じゃない

 

君はささやかなことに喜びを感じ

2015年12月21日公開

作品集『昏睡状態』第9話 (全17話)

昏睡状態

昏睡状態は2話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2015 大川縁

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

痛い 自虐 閉塞感

"腹の底"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る