ついに

昏睡状態(第11話)

大川縁

3,363文字

2016年第一発目、滅茶苦茶やりました。わりと明るめな表現を試みましたが、汚い言葉はなかなか治りませんね。「あぶく」のみ以前にHPに掲載したもので後はオリジナル、5作まとめて何を言ってるのかよくわからない詩集「ついに」ここに誕生。

ビャッコウ

 

 

僕の封筒に糊付けした郵便局員は 三面記事で見た顔

瞬きを1分で16回もするから 呼吸は肩でする

笑っちまう 僕のヘソ

切手には知らない鳥が印刷されていて

図鑑を買う前にビャッコウって名付けてやった

 

白い光? ノーンノン

 

巣から落ちた雛鳥のフッサフサの体毛

それらを数える仕事あるだろ?

数えるには細心の注意を払って

雛鳥にストレスをかけまいとするんだけれども

結局 人間の指なんて雛鳥の綿毛に寄り添えないから

雛鳥は「痛ったあい!」ってピイピイ言うんだ

その時 耳に36mg以上の耳垢が溜まっていると

ピイピイ が ビャッコウ

って聞こえるようになる

僕には切手に印刷されたよくわからない鳥が

そのビャッコウって鳴いたように思えて

歯医者での麻酔が効いている内に

郵便局で手紙を出そうとしたわけさ

 

ビャッコウ ビャッコウ ビャッコウ

ビャッコウ ビャッコウ ビャッコウ

 

もう駄目だ 眠れない

感情移入が加速して 暴徒と化した映像集

ノイズ混じりのサウンド重視

もはや僕の心は 雛鳥の怯え

僕の頭は 鳥頭

僕のアンヨは ヨレヨレの軟骨

 

飛び込んでしまえ 配達員の鞄の中は

診察台よりは居心地がいいって

タイムラインで声高に誰か言ってるよ

 

宛先は門の無いところで

僕に貼られた切手が許す限り ずっと遠くまで

とんずら結構 行っちまえ

 

背後から どんな声が聞こえても

もう手紙は配達員の鞄の中だから

図鑑の鳥の名付け親を語ってやろう

 

ビャッコウ ビャッコウ ビャッコウ

ビャッコウ ビャッコウ ビャッコウ・・・・・

 

 

 

ヒント売りに会った

 

 

無事に正月を迎えた

初詣を近所の八幡神社で迎えた帰り 夜の道で

ヒント売りに会った

 

何のヒントって そりゃ 生きるためのヒントさ

 

本殿から真っ直ぐ真正面にある鳥居に寄りかかり

ヒント売りは 真冬にもかかわらず 割と薄着だ

白い犬を連れている

 

確かに迷っていた

2016年1月9日公開

作品集『昏睡状態』第11話 (全17話)

昏睡状態

昏睡状態は2話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2016 大川縁

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"ついに"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る