二番目の象

昏睡状態(第5話)

大川縁

787文字

象、像、ゾウ。パオーンと鳴く象です。耳が大きくて、鼻が長い象です。神様だったり、凶暴だったり、の象です。背中に乗れば、きっと夢心地。象牙の鍵盤の滑らかさもまた夢心地。この詩を読むと寝覚めは最悪かもしれません。それでも唄うために生まれた、二番目の象です。

トウよへり トワよへら

トヨろへら トモろへり

 

僕は手品師の君からタネを奪い

僕は手品師の君

 

象に乗る

象は彼方から麻酔銃で連れてきた

 

トウよへり トワよへら

 

呪文は口数少なく

聴衆を防波堤に閉じ込めて 流し込む

黄色い血液 白い唾液 黒い胆液

 

興を邪魔する君だから

傍に置く

 

トヨろへら トモろへり

 

僕は蛇使いの君から毒を奪い

2015年11月13日公開

作品集『昏睡状態』第5話 (全17話)

昏睡状態

昏睡状態は2話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2015 大川縁

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"二番目の象"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る