日常。(29)

日常。(第29話)

mina

小説

1,216文字

三月二十八日
新宿 ゆきさん 一万円
四月二十六日
池袋 りょうさん 一万円
五月十日
新宿 みかさん 二万円
五月二十日
錦糸町 かずみさん 一万五千円
六月二十六日
五反田 りりさん 二万円

朝起きて、お風呂入って、ご飯食べて、化粧して…
出勤時間に間に合うように電車に乗って…
「 … 」
天気が良くて、青空が広がっている
電車の窓から見える、そんな景色に私はいつも癒される
「あぁ、ありがとう」
私が電車に乗る時間帯は高齢者が多くて、席を譲る事が多い
何となくだけど、『終わってる』雰囲気である
そう、終わっているのである
この日常も私もこの車両の中も

今日はどこに行こうかな
新宿は飽きたし、ちょっと遠い所まで、足を延ばしてみるか
「失礼します」
「あぁ」
「二時からの打ち合わせについての書類です」
「解った、目を通しておくよ」
「何かありましたら、お呼びください」
「あぁ」
会社のこの個室は居心地は最高だが、退屈だ
まぁでも最近はそうでもないか、インターネットが使えるようになったからな
今日は立川に行ってみるか…

「おはようございます」
「おはよう、早速だけどネット予約入ってるよー」
「マジで?何時から?」
「二時が本指、六時も本指、んでラスト八時が新規のお客様」
「はーい」
ラストが新規のお客様って、疲れそう
初めて相手するお客様って、ものすごく緊張するのよね…いろんな所に気をつかっちゃうから

この手帳にまた女の子の名前が増えるな
「立川まで行ってくれ」
「はい」
今日の女の子はいくらで手に入るか、楽しみだ

「もうすぐお客さん来るよー」
「はーい」
念入りに化粧直しして、髪の毛も…

「ここで待っていてくれ」
「はい」
運転手に風俗遊びしてるなんて、絶対にばれたくないしな
ここからちょっと遠いけど歩いて行くか

「こんばんは」
「あ、初めまして」
写真より愛嬌があるな
「どこに行けばいいのかな?2人でそのままホテルに入ってくれって、店員さん言ってたんだけど…」
「じゃぁ近いんであそこに入りましょう」
彼女が指をさしたホテルは何とも古めかしく、フィリピンの売春宿を思い出した
「行きましょうか?」
そう言って、腕を組んできた彼女とあの時、フィリピンで買った女がダブった
「どうかしましたか?」
「いや…、じゃぁそこに入ろうか」
僕と彼女はその古めかしいラブホテルに入った

身なりはキチンとしていて、割と紳士的な態度…、大人しそうなオジサンだし、楽しく時間が過ごせそう
「君にはいくら払えばいいのかな?」
「え?」
「いくら払えばいいのか?って聞いたんだよ」
ホテルの部屋に入って、そう聞いてきたオジサンの顔はそれまで見せていた紳士的なモノではなくて…、私に恐怖と妙な高揚感が訪れた
「あの…」
オジサンの強い視線に私は、カラダを反応させてしまっていた
                 end    

2014年12月1日公開

作品集『日常。』第29話 (全70話)

© 2014 mina

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"日常。(29)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る