ソーシャルディスタンス人間

応募作品

曾根崎十三

小説

10,030文字

全部新型コロナウィルスが悪いのだ。
いや、そうでもないかもしれない。いや、そうでもあるかもしれない。
狭い世界の世界の全て。
さみしい人のさみしい話。

男が電車内で奇声を発している。がたんごとん、に合わせてがたんごとんしている。こんなに空いているのになぜか私の隣に座った。うるさい。鬱陶しい。がらがらの中、わざわざ私の隣に座ったのでよほど私に興味があるのかと思ったが、どうやら興味があるのは私ではないらしい。チラリとも見ない。なぜなんだ。この席はいつも彼が座る特等席だったのだろうか。近いぞ。お互いにマスクを付けているのに呼吸を感じる。近すぎる。キスできる距離だ。おえ気持ち悪い。とはいえ、反対に、電車に乗っていると私の隣だけ誰も座らないこともある。立っている人もいるというのに誰も座らない。よくあることなのだろうか。皆そうなのだろうか。ないと言われたらそれで終わってしまう。そうですか、で終了。私は悪臭でも放っているのだろうか。自分では気づいていない何か重大な問題があるのだろうか。その時の言い様のない寂しさに比べたらアレな人が隣に座る方がマシかもしれない。耳につけたイヤホンで男のがたんごとんが聞こえないふりをする。

この作品の続きは外部にて読むことができます。

2020年10月17日公開

© 2020 曾根崎十三

これはの応募作品です。
他の作品ともどもレビューお願いします。

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


4.0 (1件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

純文学

"ソーシャルディスタンス人間"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る