岡本尊文とその時代(二十六)

岡本尊文とその時代(第26話)

吉田柚葉

小説

2,831文字

腕時計の針は遅遅として前に進んでくれなかった。

ジャケットの左ポケットからの震えを知覚した瞬間、宮崎氏はどす黒い毒を丸呑みにした感覚に襲われた。躰の芯が抜け、「自分」と云う物が遥か頭上に吹飛んだ。これは比喩では無い。この時宮崎氏は、実際にその目で自分の脳天を確認したのである。

 

「意味が判らないな。」

そう言って時計を見ると、六時を少し過ぎた処であった。

「判らないと言われましても、現実にそうなんです。自分の意識が頭上に吹っ飛んじゃったんですよ。判って頂けなくても、実際にこれは自分が体験した事なのだから、仕方ありません。」

「まァ、好いです。続けてください。出来れば、簡潔に。」

私は苛々して言った。だが宮崎氏は、依然として自分の話すペースを崩さなかった。忌々しくもここに、一箇の「文体」が立ち顕れて来たようであった。

 

宮崎氏の意識が頭上に飛んだのは、時間にすれば僅か一秒にも満たない。最初の震えが来て、次の震えが来た時には、氏の視線は向かいのホームに向けられていた。宮崎氏の手は、本人のあずかり知らぬ処で、スマートフォンを取出し、通話マークをタップしていた。

「はい。」

2019年6月29日公開

作品集『岡本尊文とその時代』第26話 (全41話)

岡本尊文とその時代

岡本尊文とその時代は1話、2話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"岡本尊文とその時代(二十六)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る