岡本尊文とその時代(二十四)

岡本尊文とその時代(第24話)

吉田柚葉

小説

3,716文字

案外、こう云う仕事を選ぶ人はそう云った人が多いのかもしれませんね。

何処からかジョニ・ミッチェルの歌声が聞て来た。始め幻聴かとおもわれたが、そうでは無い。私の耳に好く響くこれは、どうあっても現実の音であった。どうやら昨晩二階でかけていたCDがリピート再生に設定されていたために、延々と同じ一枚を繰返し再生し続けているらしい。

既にして朝であった。私はここ最近の不眠症の事をおもい、不愉快になった。壁に掛けられた時計を見やると、午前五時である。気づかぬ間に、ほんの一時間程ではあるが、テーブルに腰掛けたまま眠ってしまっていたらしい。そう言えば何やら恐ろしい夢を見た気がする。今も、燃える炎の舌が、チロチロと眼下にちらつく。烈火の中で私は、尊文の顔を見たのだった。奴は、私の書斎で微笑を浮かべ、炎に包まれながら、しかし涼しい顔で私の原稿に赤を入れていた。

「きみ、こんな風に、いい加減に書いちゃいけないよ。書き殴った言葉にはどんな意味も乗ってはくれない。判るかい。とにかく、丁寧に書くんだ。これはね、私だから読んだんだ。私でなければ、誰も読まない。」

私は、手の甲を強くつねった。どうやらまだ生きているらしい。

目の前では、宮崎氏が寝息を立てていた。姿勢に崩れ無く、頭だけ落として眠っている。音を立てぬよう、重心をコントロールしながら、私は台所に入った。そして冷蔵庫の中からブラックコーヒーの入った一リットルのペットボトルを出すと、それをラッパ飲みした。毒の抜かれたアスベストの味だとおもった。

勝手口から外に出た。凍てつく寒さであった。私の吐く息は白くたなびいて、直に消えた。

「おはようございます。」

何処からか、声がした。見ると、隣の家の畑に、骨っぽい老人が立っていた。灰色のツナギを着て、皮膚は赤黒く、長く伸びた白髪を後ろで束ねている。どことなく仙人の趣があるが……、私はこれまでこの人を見た事が無い。怪訝におもいつつも私は挨拶した。

「最近お見掛けしませんでしたから、どうなさったのかと妻と話しておりました。」

苦笑しつつ私は、遡れるだけ記憶を遡った。頭が鈍っているのか、この人の事は一切記憶に無かった。

「奥様はお元気ですか。」

「はい……?」

この言葉は、ズタズタの私の頭にスコーンと響いた。さてはこの老人……。

「はい、元気にしてます。」

と私は答えた。老人は満足そうに、

2019年6月22日公開

作品集『岡本尊文とその時代』第24話 (全41話)

岡本尊文とその時代

岡本尊文とその時代は1話、2話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"岡本尊文とその時代(二十四)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る