岡本尊文とその時代(二十五)

岡本尊文とその時代(第25話)

吉田柚葉

小説

3,229文字

ルールは、俺の頭上から深い影を落とす、巨大な手だけが知っている。

 

宮崎氏のスマートフォンに脅迫の電話が掛かって来たのは、『はちみつ』で私と待ち合わせた日から更に一週間程遡る。

その日の朝、宮崎氏は講義のために筑波大学に向かっていた。尤も朝と言っても、宮崎氏が自宅のマンションを出たのは十一時を過ぎての事であった。午後一の講義なので、其れで充分間に合うのである。宮崎氏は首尾好く電車に乗込み、十五分程揺られた後、つくばエクスプレスに乗り換えるため、秋葉原駅で下車した。途端、見計らったかの如く携帯電話が震えた。非通知である。宮崎氏は怪しんで其れに出なかった。十五回程震えて、切れた。おもった以上にしつこかったため、宮崎氏は躰の芯の冷々とする感覚を覚えた。留守電は入っていなかった。次に掛かって来たら出てやろうと心に決め、宮崎氏は、目の前のホームに滑り込んできたつくば行の電車に飛び乗った。車内は空いていたため、ドア直の席に腰を下ろす事が出来た。宮崎氏が座る向かいの席には、眩いばかりの美人が座っていた。

 

「そんなディティールまで語っていては、話が終らないよ……。」

呆れて私は言った。

「すみません。しかし僕の考では、この女性も相当に怪しい人物なんです。」

2019年6月26日公開

作品集『岡本尊文とその時代』第25話 (全41話)

岡本尊文とその時代

岡本尊文とその時代は1話、2話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"岡本尊文とその時代(二十五)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る