岡本尊文とその時代(二十八)

岡本尊文とその時代(第28話)

吉田柚葉

小説

4,018文字

事によっちゃ、警察に突き出さなきゃいけないな。

其れは「ぬちぐすい」と云う沖縄料理を出す飲み屋であった。宮崎氏はカウンターで呑んでいたのだが、何時からともなく、気付けば隣に「その客」は座っていた。

「あんちゃん、逃げても仕方無いよ。」

其の嗄れ声で、宮崎氏は「その客」の存在を認めた。照明の赤黒い光を水面の如く湛えたスキンヘッドと、不自然な程に黒い瞳を有したその男は、「人間らしくない」と云う強烈な印象を宮崎氏に与えたが、兎も角は人間だと云う事にしてしまえば、歳としては六十程に見えた。建築系の作業着に身を包んでおり、その胸ポケットには煙草の箱が収まっている。それでいて手元にはピンク色のカクテルが置かれているのだから、どうにもチグハグであった。

「逃げる、とはどう云う事ですか。」

宮崎氏はそう問うた。警戒すべき処ではあったが、不眠が祟ってあらゆる事に現実感が無く、幾分かは、妄想に話しかけている心地であった。

「いや、俺はね、知らんよ、あんちゃんの事は。ただ、なんとなくおもった事を口にしただけだ。悪いネ、気にしないで下さい。」

「しかしその『逃げる』と云うのは、急所を突いています。」

宮崎氏は己に言った。

「何か悪い事したの。」

男の黒い瞳が氏を射貫いた。宮崎氏は、

「悪い事など何もしていません。少なくとも僕は其のつもりです。」

「なのに逃げているのかい。」

「変な話ですがね。」

「事によっちゃ、警察に突き出さなきゃいけないな。」

と言って「その客」は、ピンク色のカクテルが注がれたグラスの隣に置いた久米仙のボトルを開けた。そして其れを宮崎氏のグラスに注いだ。

「呑みなさい。とことんまで呑むんだ。」

宮崎氏は頷いた。

2019年7月6日公開

作品集『岡本尊文とその時代』第28話 (全41話)

岡本尊文とその時代

岡本尊文とその時代は1話、2話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"岡本尊文とその時代(二十八)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る