暴動の街の子どもたち

フィフティ・イージー・ピーセス(第16話)

藤城孝輔

小説

2,136文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。

エリカのふるさとは、かつて暴動の起こった街である。

彼女の生まれるずっと前の、クリスマスも近い師走のある夜、圧政に耐えかねた人々は軍人の歓楽街として知られるこの街で路肩に並ぶ自動車を次々とひっくり返して火を放った。通りは明け方まで煌々と輝き、火炎瓶に詰められたガソリンの臭気と機動隊が群衆の鎮圧に用いた催涙ガスがいたるところに立ち込めた。死人こそ出なかったものの武装蜂起まで一歩手前のぎりぎりの状況だったと、兄のエリックは隠れて酒を飲むたびにまるで見てきたように語ったものだ。彼も当時は生まれてすらいなかったのに。

ブソーホーキ、ため息と同じく呼気がそっと口の中を通りぬけていくその言葉は甘美な秘密のようにエリカを魅了する。記録から抹消され、公の場で口に出すだけで体制側に目をつけられかねないその暴動は、押し殺したささやきによってのみ語り継がれてきた。エリカもエリックも幼いころから革命戦士になるための訓練と思想教育を受けており、革命の実現のために命を捨てる覚悟はできていた。公立学校でいじめを受けてきた混血児の二人にとっては、地下組織が唯一の居場所である。そこで彼らは暴動の歴史を学び、迫害と構造的差別に打ち勝つには暴力革命を達成するほかにないと教えられてきた。

ある日、教育係の大城さんが十代のトレイニーを集めて言った。

「一ヶ月後に軍の総司令部を叩くことになった。もちろん警備は堅いが、諸君のこれまでの研鑚の成果を見せてほしい」

十数名の子どもたちは、はじめて与えられた任務にニキビ顔を紅潮させ、武者震いする。だが、エリックの表情に一瞬だけ曇りがよぎったのをエリカは見逃さなかった。

2018年4月29日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第16話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 藤城孝輔

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

社会派小説

"暴動の街の子どもたち"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る