浜に下りる

フィフティ・イージー・ピーセス(第17話)

Fujiki

小説

2,068文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。

その少女が浜に現れたのは三月のある夜ふけである。満月に照らされた砂浜を見渡し、誰もいないことを確かめる。ずっと昔、父に連れられて潮干狩りに来たことはあるものの、夜中に一人で来るのはこれがはじめてである。

少女は乾いた一角を見つけ、園芸用のショベルで砂を掘りはじめる。腕がひじまで入る穴ができあがると、リュックサックからビニール袋にくるんだ包みを両手で抱き寄せるように取り出して穴の底にそっと横たえる。

穴に再び砂を丁寧にかぶせ、冷たい海水で手を洗う。浜をあとにしたときになってはじめて、少女は顔じゅうが涙で濡れていることに気づく。穴を掘っているあいだずっと泣いていたらしい。体の内側では身を裂く痛みの残響がいつまでも尾を引いている。

そういえば前日の朝から何も食べていない。少女は袖で顔を拭い、道の先のコンビニに吸い寄せられるように入る。真っ先に目に入った五個入りのクリームパンを買い、店の前で空っぽの腹に詰め込む。柔らかいパン生地を噛みしめると、再び涙が目からあふれてくる。

「隣、いい?」

突然聞こえた声に少女はびくっとする。声の主は返事を待つことなく、少女の座る車止めに腰を下ろす。白い長袖のTシャツを着た見慣れない顔の少年である。手足は長いが、声変わりはしていない。同じ中学校の生徒ではないようである。

「何してるの?」弾むようなリズムのある声で彼が訊く。

「別に」

2018年4月29日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第17話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 Fujiki

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ファンタジー

"浜に下りる"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る