不発弾

フィフティ・イージー・ピーセス(第13話)

Fujiki

小説

2,041文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。第92回時空モノガタリ文学賞入賞。

久しぶりに町に出てみると表通りが通行止めになっていた。不発弾処理を行う旨の看板が立っている。バイクを路肩に乗りつけて看板を読んでいた背広姿の男が「またかよ」と独り言のようにつぶやいて走り去った。俺は別に急ぎの用事があるわけでもないからのんびり裏道を歩いて迂回すれば済む話だ。

みやげ物屋のけばけばしい看板ばかりが目立つ表通りには趣のかけらもない。最近では地元の人間が経営する店は少なくなり、ヤマトゥンチュの観光客が落とした金が内地企業の懐に返っていくという不毛な無限経済循環がだらだらと繰り返されている。猛牛の群れのように大挙する中国人爆買い観光ツアーのグループが目もくれない裏道の小さなそば屋は、いつの間にか店を畳んで貸店舗になっていた。みんな吹き飛ばされてしまえばいい、という声が俺の脳髄の奥で響いた。

道の先から若い女がせわしなくガイドブックで顔を扇ぎながら歩いてきた。容赦ない午後の日射しに目が眩んだのか、手探りをしながらふらふらとおぼつかない足取りだ。表通りを閉め出されて途方に暮れた観光客といった様子である。すれ違う瞬間、甘い香水にほのかに混ざった女の汗の匂いが鼻をくすぐった。

2018年4月29日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第13話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 Fujiki

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

リアリズム文学

"不発弾"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る